まいにち

    おかしなかぞくとけだまのひび

    2020.01.28 Tue よもぎ闘病中

    昨年より発症した免疫介在性溶血性貧血、
    一時危篤状態に陥るも、麦をドナーとした輸血で奇跡的な快復を見せました。
    「あそこまで衰弱したところからここまでなる子は珍しい」と呆れられる始末で。

    しかし免疫機能が改善したわけでもなく、ステロイドも一切反応なく、
    むしろステロイドは副作用だけ引き起こし、
    一時的に糖尿の状態にもなりすぐに投薬は全て中止。
    積極的な治療がなにもないままで快復できたのは、
    麦の血液がたまたまよもぎに合う良質なハイオクだっただけに過ぎず、
    気は心程度の造血剤のみでは当然ガス欠は割とすぐ。

    正月明けて数値下降し、追加の輸血を行い、
    麦の首ハゲとひきかえによもぎは再びそこそこ元気を取り戻し、
    そしてまた今ガス欠となりつつあります。

    元気な時にしかできないからと骨髄検査を実施しましたが、
    造血はしているものの、できたそばから赤血球を破壊している「だけ」
    造血幹細胞も肝臓も全て正常値。
    原因が掴めず、外部検査機関からの返事には、
    血液状態と合わせて考えたいので追加で検体を送ってもらえればとの申し出があり、
    先日採取した血液を送ってもらいました。

    そこで出てきた病名が「赤白血病の可能性が除外できない」
    レアにも程がある病気だそうで、もしこれだったら先生論文書いちゃうレベル。
    まーさーかーねー。

    あるかもね、ウチだから。←

    「そんなことってある?」を丁寧に引き当てては見事にスッ転ぶのが我が家の常。
    検査結果が楽しみだなくそぅ。

    今朝のよももんは食欲なっしんぐ。
    お口の中がずいぶん白っぽく、貧血がゴリゴリ進行しているのが見て取れます。
    危篤状態になり痩せてゴツゴツと背骨が出たまま、
    体重が戻ってもそれは改善せず、爪もほとんど伸びない、
    治療のためあちこち刈られた毛も生えてこない身体。
    つまり輸血で補充された赤血球は生命維持のみに全力で使われて、
    筋肉を作ったり、爪を伸ばしたり、被毛を生やしたり、
    そっちに回す余裕は一切ないギリギリのラインということととらえています。

    輸血をしなければ維持できない生命。
    限界があることは重々承知です。
    無理をさせている、これは親のエゴだ、自然に任せるべきでは、
    分かっています。
    金銭的にも破綻しています。
    それでも今生きて、家族の顔を見るだけで嬉しそうにゴロゴロと喉を鳴らす
    黒い痩せっぽちのかわいい命を諦められねんだ!
    危篤状態のとき、もういいよ、苦しいなら逝ってもいいよ、
    だけど出来れば一緒に闘ってくんねえかな?と声をかけ、
    体温が計れない31度以下の死の淵から帰ってきてくれたよもんは、
    多分最期のそのときまで母のエゴに付き合ってくれると勝手に思っています。
    こんなに諦めきれんとは思わんかったけどな実際。
    人間の悪あがきってすんごいね。

    よもこには申し訳ないが、いけるところまで頑張ってもらいましょう。
    いけるところまででいいから。

    2020.01.01 Wed あけました

    202001012015194ad.jpg


    7月の豪雨の夜にずぶ濡れのちまきを保護し、
    10月には交通量の多い道の真ん中でうずくまっていたあべかわを掴んで紙袋に突っ込み、
    12月にはよもぎが溶血性貧血を発症して急激に衰弱。
    ステロイド投与するも反応なく溶血が止まらず。
    そして治療開始から一週間と経たぬうちに体温は31度を割り、呼吸は途切れ途切れ。
    もはや看取りと涙の一夜を過ごし、諦めかけていたけれど先生の「このままでは年は越せない、輸血してもっと悪くなるかもしれない、だけどもしかしたら起爆剤になるかもしれない!」という強い言葉で麦をドナーとして輸血を決意。
    輸血半ばで明らかに目に力が宿り、ゴロゴロと喉を鳴らし始め、奇跡の復活。
    「あれほどの瀕死の状態からここまで回復するのは珍しい、麦力、むぎりょくだな」とのお言葉を頂き、低空飛行ながら無事に年が越せました。

    2020年、できれば6匹のまま、穏やかに過ごしていければいいなと願います。
    そして皆様の大切な家族が健やかで幸せでありますように。

    あけましておめでとうございます。

    2019.11.21 Thu 朝、虐待についての特集しとりました。

    番組でも言うてたんですが、
    わかんないんだよねえ、それしか知らんから。
    「あれ?よそんちはこうじゃないの?みんなこうなんじゃないの?」と知るのは割と後で。
    そして知ってしまったらもう悲惨。納得いかないから。
    なんで自分だけこうなん?よそんち大多数はほのぼのしてんじゃん、なんでなん?と考えた挙げ句、
    そうか、自分が悪いんだ、だからこんな目にあってんだ…。
    という結論にたどり着いたりします。

    声を大にして言うときます。

    ちげーぞ!親ガチャハズレ引いただけやぞ!

    時代が今なら立派なネグレクト、
    体弱すぎて幼稚園まともに通えなかったのに
    小学生から家に親不在の放置、
    喘息出ても耐えるしかなく、
    保険証もないので病院にも行けず、
    じいちゃんの喘息の薬を割って少しずつ飲んで発作をしのいだ。(危ないなー今考えると(´Д`;))
    15歳から働かねば学校行くどころかメシもない、
    クソ底辺育ちの47歳が太鼓判。

    おめーの親が大ハズレなだけ!おめーはなんにも悪くない!

    そんなめにあうのは理不尽だから!
    絶対自分のせいではない!
    格差社会まじくそ!自分被害者!自分ちょー可哀想!と高らかに叫んで
    どんな手を使ってでも生き延びてくれたまえ。

    そして「絶対まっとうに生きて幸せを掴んでやる!」と思ってほしい。
    そんな育ちだと時には歪むし間違うし法に触れるしくじりもあるやもしれん。
    そもそもまっとうを知らんからやり方分からんのも当たり前。
    苦境を生きて、泥食って生き延びるだけで精一杯だしなあ。
    社会に出ても普通とはなんぞや?と分からんままで、
    周りの方々を見て、セレブや高学歴や高収入とも知り合って、ああ、まっとうに生きるってこういうことなんだ、と知るのは相当後かもしれん。
    それでもいい、相当後でもいい、
    わかったその時からでいい、そこからでも立て直せる。断言する。

    今つらい人も、どうにか生きてほしい。
    数年後、何十年後、いつか必ず、
    もっふもふの猫だんごに埋められて
    動けねえよー重いよおーなんで全員で埋めにかかるのよおー
    と幸せな悲鳴あげることができるようになるから。
    生きてりゃなんとかなるから。なったから。

    と左脇にあべかわ、こたつの中で左ひざにきなこ、左足先にちまき、太ももに豆、右足に麦という状態で記事書いてたら、左脇と右尻がつりました。幸せ!痛すぎて悲鳴もあげらんなかったけど!


    20191121220427147.jpg



    やばい今度は右足がつりそう。←リアルタイム。

    2019.11.19 Tue パートちゃんへ捧げるメモ「わたくしなりの事務のコツ」

    あたくしノー学歴、偏差値激低、物忘れ激しく数字が覚えられず、
    仕事も続かずこのくそポンコツ!ゴミ!社会不適合者!と自分に呆れ続けていたババアです。
    ポンコツポンコツで10年くらい事務方従事してきて、
    やっと「とりあえずどこ行ってもやれる」と言えるくらいになってきましたので、自分なりの仕事への取り組みを書き残しておきます。

    【新人さんがよく言う「優先順位がわからない」の判断】
    ①スケジュール上設定され動かすことが不可能な締業務
    L特に社外の業者締、金銭に関わる締、本社締は最優先
    L誰かの依頼でふんわり締切が設定され、締の根拠がないものは除く(根拠:○時に集荷がある、○時に業者の会社と連絡が取れなくなる等)
    ②突発的に依頼された業務
    L入電等、お客様対応含む
    Lここでやりかけの業務があっても締切がタイトなもの以外は即中断する。
    L至急案件を抱えている場合は必ず依頼者へその旨伝え、この業務が○時に終わりますがその後でよいか確認を取る。
    ③ルーチン業務

    【業務は段取り八分】
    ・スケジューリング
    L毎月のルーチンでスケジューリングできる業務は月末までに翌月カレンダーへ全て日程を書き込む。
    L前もって判明しているイベント等により自分に発生する業務もカレンダーへ。
    Lそれとは別に突発的に発生する業務用にTODOリストを準備しておき、都度処理。
    ※カレンダーは前もって分かっていることのみ、それ以外はTODOリストで分けることにより、月次資料、のち前年資料として翌年の参考になる。

    ☆カレンダーへの書き込み順
    ①休日
    ②締日
    ③前月カレンダーを参照し、ルーチン業務
    ④その時点で判明しているイベント等、例月ではないが確実にある業務

    ※スケジュール設定は「ひとつの業務」としてルーチンに組み込み、時間をかけて、抜け、漏れが絶対ないよう入念に作成する。
    ※ふんわりとは書かず、ひとつの業務に発生する工数を詳細に記入。
    (例:「小口出納締」だけではなく、それの中身「印紙切手締、出納帳入力、出納帳メール添付送信、出納帳回覧送付」全て記入)
    ※翌月それをチェックリストとして活用し、終了業務にはチェックを入れていく。

    ・処理仕訳
    ①書類を案件ごとにクリアファイルに入れ、一目で分かるようラベリング(「決裁書回覧中、戻り次第発注」等ラベルに記入)し、「当日中」「近日中」「必ず処理が必要だが期日未定」に分けてダブルクリップまたは輪ゴムでまとめておく(その際ダブルクリップまたは輪ゴムに「当日中」「近日中」「期日未定」のラベリングを)

    ※突発的に発生した業務にすぐ取りかかれない場合は、どれだけ忙しくてもこの手順を絶対に省かず、「なんの業務か」がわかるメモまたはプリントアウトしたペーパーをクリアファイルに入れ、ラベリングして適切な期日に仕訳することで、処理漏れが防げる。

    ②一番広い引き出しに「当日中」書類「だけ」を置くスペースを作り、その日に処理必要なものがどれだけあって、終業時に全て無くなったか一目でわかるようにしておく(前項で述べた「やりかけの業務を中断」したものもこのスペースを作っておけばサッと仕舞えてサッと戻せる)

    ※当日中以外は絶対そこに置かず、目にも入らないよう引き出しの所定の位置に格納しておく。

    ③「近日中」「期日未定」の束は午前中のうちに一度は必ず全て目を通し、期日未定から近日または当日に処理がくりあがったものがないか確認する。

    ※業務手順書、自分で今後参考にしようと写しを取った書類等は、処理が必要な書類と同じところに置かず、じぶんマニュアルとしてポケットファイル等でまとめて、マニュアル置き場を設定してそこにひとまとめに格納する。
    ※カテゴリは同じでもクリアファイルで小分けにしておいたほうが便利なもの(大別すると「PC関連」だが「PCエラー対処」「ログインパス一覧」等、必要に応じて用途が異なるもの)は、クリアファイルのままダブルクリップでまとめておく
    ※引き出しの中でボックス等を使用し、常に同じ場所に、また「誰が見ても一目で分かる」よう収納する。

    ☆下準備を入念に行うと時間がかかるが、正確に、漏れなく、段取りよく処理を行うために絶対必要な工程なので省かない。

    ・業務スピード把握と効率化
    ①毎月カレンダーに書き込むルーチン業務の処理時間を計測しておく
    L突発的な依頼が入った際のスケジュール組み直し時に、業務完了時間の目処が立てやすい。

    ②PC単語登録
    L社員名や備品名等、ルーチンで頻出する用語を登録しておく。

    ③Excel活用
    L範囲選択(ctlr+shift+矢印)など自分の業務で使えるショートカットを把握しておいたり、並び替え小計を駆使するとかなり時間短縮に。業務にもよりますが私の場合は関数よりこっちのほうが効率化に役立ってます。ちなみにピボットテーブルとかグラフは忘却しました。ぜんっぜん使わん仕事ばっかりで。

    ④TODOリスト活用
    Lルーチン以外の今日やることをフセン等、自分なりのTODOリストに都度メモし、終わったらはがすを習慣化する。

    20191119115214860.png
    私はこれ使ってます。べんり。

    ⑤書類は必ず「上から順番に一行ずつ全て読む」
    L当たり前のことなのに意外とみんな出来てない。ポイントだけ見ればいっかーと拾い読みするのは処理漏れのもと。全文読まずにポイントが分かるのは超能力者。面倒くさがらず全文読むこと。印刷してマーカー引くぐらい丁寧でよし。

    【じぶんマニュアル】
    ・きれいにノートがまとめられてるやつが成績いいとは限らない
    Lメモった情報が必要なときに取り出せなかったら無意味。項目ごとに分けて見出しつけて次その業務に当たる際に使えるように。
    L教えられてるときは殴り書きでよし、後で必ず自分なりにフロー化を。

    ・教えられた点と点を繋いで業務の流れを把握する
    Lその時教えられたことは「点」で、これが一体なんなのか、何をしているのか最初はさっぱり分からなくて当たり前。しかしそれが「全体の業務の流れの中の点で、必ず別の点と繋がる一連の中のどこかである」ということを意識して、流れを掴もうと考えて仕事することが重要。

    ・とにかくメモメモ
    L全部メモする勢いでよし。私は転職しすぎてノート書きなぐりで後日業務ごとに分けて清書するのも手慣れてしまいましたが、おすすめは先輩から教えられてることをルーズリーフ1ページ、または大きめのふせんにメモしておいて、後から月の流れに沿って並び替える、またはマニュアルの補足としてそのページに貼る、です。仕事を教えられるときにきれいにド頭からってのはあまりないので。だいたいはそのときにある業務から教えられるもんで順番はぐちゃぐちゃだったりします。並び替えできるメモは後々便利です。

    ・マニュアルを作るときは教科書か辞書を作ってると思おう
    L後々「困ったときに逆引きするためのもの」を作る、ということを意識して。書き留めるものではなく後で出して使うためのものを作る。

    ・ミスると後が超めんどくさいからミスしないけど、対処は記録
    Lミスるとだいたいその業務の工数が10倍になるもんです。時間と体力と精神力の大ムダなので極力避けますが、やっちまったもんは処理しないと仕方ないので、イレギュラーこそ記録をきっちり残しておいて、以降役立つようにします。だいたいそういうのまたありますから。

    【余談:評価される能力】
    ・電話応対
    Lこれはどこの会社でも「電話応対うますぎる」必ず誉められます。電話応対がうまいと能力高そうに見えるみたいです。ちなみにコールセンターで「コールは女優」と教えられまして、電話の際は「わたし高学歴高偏差値ベテラン社員の美声美女でございます、なんでも仰ってくださいませ、ご満足いただける素晴らしい対応を致しますゆえ」と思い込んで対応してます。大丈夫どうせ見えとらん。

    ・頼まれた処理を優先
    L今やってるやりかけ業務がよほど逼迫した状況でなければ、頼まれごとを先にやっつけます。「キリのいいところまでやりたかった…」なんて自分の都合です。やめりゃそこがキリです。そこから始めりゃいいだけです。特に転職しまくりで常に新人なので、わたくしの都合ごときを社員様のご用事より優先するなんていけ図々しい!という考えが念頭にあり、結果「仕事速いね!」という評価をいただくことが多いです。
    ちなみにこれは前述の「ルーチン処理時間を計測」しておかないとパンクするのでご注意。仕事の組み立ては自分でやることも業務の一部です。

    ・整理整頓
    L片付いてないと効率落ちます。契約書出すのに上に積まれてる振込用紙どかして注文書どかして…なんて毎回やってたらその時は数分でも月単位年単位で見たら何時間のロスか。ちょっと手間でも空き箱で簡易的な棚のひとつふたつこさえたほうが後々楽です。積まれた書類を仕訳してファイリングしてテプラ貼ってコピー用紙の空き箱切って貼ってシンデレラフィット貧乏棚を量産し、そんなこと一年もやってりゃ「ここの○○の整理するのに何があったらいいと思う?」と上長のほうから聞いてくださるようになるので、ここぞとばかりに高いキャビネットを買ってもらいましょう。

    ・基本的に「毎日ちゃんとがんばっとく」だけ
    L電話応対もそうだし、頼まれごとを爆速で処理するのもそうだし、片付け魔もそうだし、「評価されたくてやってた」わけではないけれど、結果評価に繋がったことばかりです。
    ちゃんとがんばっとけば、誰かが必ず見てます。逆に言えばちゃんとやってないことも見られてます。
    評価は信頼で、信頼は日々の「ちゃんと」の積み重ねと思ってます。



    なっげぇなおい。←自分で書いておいて。

    ポンコツなりの仕事のやり方でした。
    どっかで誰かの役に立てば幸い。

    2019.10.30 Wed 結局6猫になるさだめ

    そこそこ交通量のある道で通勤右折待ち、交差点で対向車が進まない。
    ドライバーが困った顔で前方を見ている。
    なんぞ?
    視線の先を確認しようと振り返ると…ちゃいろの毛玉!

    「子猫ー!!!」

    叫んだ瞬間に頭より先に体が動くこと動くこと。
    パーキングに入れサイドブレーキを踏み車から飛び出し、子猫が怯えないようそっと近づき、素早く掴んで車に乗り込み助手席の紙袋(会社の女子ちゃんにマンガ貸すためにたまたま紙袋があった)にちゃいろの毛玉を放り込み、左手で紙袋の口を掴んで車を発進させました。
    少し先のスーパー駐車場に停車して毛玉を見たところ、猫風邪で目がふさがりろくすっぽ見えてない状態。栄養状態はまあまあそう。ノミもあんまりいない感じ。
    どうしようこれ持って出勤はよろしくない、なによりこの目の状態はすぐ治療すべきところ、どうしようどうしよう。

    あ、そういや近くに動物病院あった。2回くらい行ったことあるとこ。

    来た道を戻り動物病院へ。
    事情を説明して今日1日預かっていただけるようお願いしたところ快諾、風邪の治療と保護時の検査もお願いし、免許証を提示して必ず迎えにきますとお約束して出勤しました。

    7月に保護したきじしろ子猫ちまきは無事合流していますが、黒姉よもんこが全く受け入れず、人間不在時は部屋を分けている状態だったため、子猫隔離部屋が確保できません。
    どうしたもんかと仕事しつつ考えましたが、

    帰り道にデカいペットショップあるやん。デカいケージ買えばええやん。

    あっさり決意し帰りにデカいケージ購入し、小さいダンボール持ってちゃいろの毛玉を迎えに行きました。


    20191030202400e46.jpg


    そんなわけで6猫め、名前はあべかわです。
    道で掴んだ瞬間に「あべかわじゃん…」と思ってしまってそのまま名前に。
    猫貧乏確実ですが、頑張ればきっとなんとかなる!
    あのまま放置してたら確実にミンチだったし!
    ぐだぐだ考えるだけムダなので必死に働いて稼げばいいのよ!!
    そろそろ悟りがひらけそうです。
    ちょっとやそっとじゃもう動じないもんね!!
    どうよこの私のかっこよさ!!!

    あべかわ迎えに行った時、病院から「免許証忘れてましたよ」と差し出されました。
    相当動じまくってたようです。