まいにち

    おかしなかぞくとけだまのひび

    2018.10.12 Fri お久しぶりでございます

    もさもさ働きつつあれやこれやに追われ10月。
    派遣の期間満了と相成りまして、
    またも転職先を探さねばと思っていたら、
    あっさりオファーが来て面接→即日決定。
    おまけに提示の時給より高い金額で契約確定。
    いいのかこれで。落とし穴ないか落とし穴。
    どんなオチが待っているか数ヶ月後をお楽しみに。←

    2018.01.01 Mon 2017→2018

    昆布巻きを作ろうと昆布を水につけて、
    トイレに行ったら




    こんぶーーーーーー!!!!!

    大晦日におうちが磯のかほりになりました。

    そんなこんなで明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    2017.08.13 Sun お盆的話題

    2017081305091325b.jpg

    夏でもおかあちゃんに乗る。天使。
    ちなみにこの時は台風接近中でちょっと怖かったもよう。

    一昨年ブログにもちょこっと書いていたのですが、
    中古住宅を買う計画がありました。
    フラット35の事前審査も通り、あとは買うだけ段階まで進んでいたのに、
    突然の気まぐれ解雇により計画は頓挫。
    結局買いっぱぐれて現在に至っております。
    幼少時から賃貸雑誌の間取りを見るのが趣味だったので
    計画頓挫の今も「どれにしようかなーうふうふ」と中古物件をネットで眺め、
    いつか買えるといいな夢のおうち妄想に浸ったりしています。

    で、気に入った物件があれば詳細を見るわけですが、
    たまに「ん?この地区でこの敷地面積でこの築年数でこの金額?」
    という不自然に安い物件があり、
    安くなりそうな条件(調整区域とか旗竿とか)が他にないか確認し、
    無ければ最終的に見るのはここ。

    大島てる。←事故物件サイト。

    ああほらやっぱり心理的瑕疵物件、書けよこれはよー不動産屋アコギねぇ。
    しかもなにこの事件ったら超エゲツない。これは住めん怖すぎる。
    などとひとり得心がいき満足して寝るのが最近のマイブームです。←ぉぃ。

    地図上で見るよりストリートビューで見る方が生々しくて怖さ倍増。←ぅぉぃ。



    ※ネタ的に書いてますけんども、これから物件を購入される方はほんと入念に調べるにこしたことないです。
    大島てるもだし土地の過去の情報はとても大事。
    ハウスメーカー勤務時代に色々と
    せっかく購入した土地に家が建てられない事案が発生しておりました。
    不動産屋が教えてくれない場合と、そもそも知らない場合とありますからねぇ…。

    2017.08.05 Sat 人生色々ありすぎる

    20170805002913142.jpg

    溶けてます。

    退職して失業保険の手続きを済ませたところに、
    派遣会社より紹介があった会社にあっさり再就職が決まり、
    元気に新しい職場で働いております。
    派遣なので期限はありますが、先のことはまた考えればいいやー。
    今は定時に帰れる幸せを噛みしめたいのうふうふ。

    しかし、そんな矢先に家族に大きな事件が起こりました。
    語れませんが、ほんとうに厳しい事件が。
    これよりも辛いことはおそらくもう一生ないでしょう。
    同じような事件は全国でいくつも起こっているけれど、
    例えば病気ならば参考になる闘病記がいくつも見つかるのに
    私たちに起きた事件のその後の展開はweb上でも見つけられません。
    それも無理からぬ話だと思います。

    いつか全てが終わったら、私と明かさずどこかに書き記したいです。
    同じような不幸に直面し、絶望のなか情報を掻き集めたいと思う人が
    おそらくきっと居てしまうに違いないので。

    みんなが泣きました。
    私も、家族も、関連する全ての人が。
    だけど不幸の中でもわかったことがあります。

    日々真面目に仕事をして、ちゃんと生きている人、
    どんなことが起きても決して逃げずに
    なんとか最善を尽くそうと死にものぐるいで頑張った人には、
    たとえそれが最悪のひどい結果に終わったとしても、
    誰も責めないし、必ず周りが支えてくれるということ。

    毎日を真面目に生きることは日々信頼を積み上げているということと
    分かっているようで分かっていなかった。損な生き方だとすら思ってた。
    でも周りは見てくれていました。
    たくさんの人が全力で助けると言って支えてくれました。
    おかげで今も、それなりに影響はありつつもいつもの暮らしを保てています。

    起きたことは起きたこととしてもう時間は戻せないので、
    あとは誠心誠意頑張るのみです。

    さて大量の仕事メモを整理するかのー。

    2017.06.24 Sat おととしからの伏線回収

    201706242111441cc.jpg

    鳥の巣箱のような。

    一昨年虫垂炎でCTを撮った際に先生より
    「あらー憩室があるわねえ、注意が必要ねー」
    と言われておりました。
    しかし今年に入ってから業務量がとんだことになり、
    おのれの体調に気をつける余裕もなく残業まみれになってヘトヘトに疲れ切っていたところ、
    なんかお腹が痛い。
    腰も痛い。
    みぞおちも痛い。
    なんだろこれ生理痛?それにしては痛すぎる。
    と一週間ほど不穏な腹痛を抱えてそれでも仕事をしていたら
    とうとう5月の中旬に盲腸炎レベルの痛みが襲ってきて、
    寝てても数分で起きる状態に陥りました。
    はい、病院にてまんまと大腸憩室炎との診断が。
    おととし言われた伏線を丁寧に回収してしまいました。
    上行結腸のあたりの憩室が炎症を起こして、
    我慢していたために右の横隔膜あたりまで炎症が広がったのだそうです。
    エコー検査でヤバそうな憩室が3つあることが分かったので、
    今後似たような痛みがあったらすぐに受診すれば内服だけで治まるから気をつけておいてね、
    との事でした。

    仕事が忙しすぎたことも大きな原因なので
    (トイレに行くまでにセキュリティあるわ遠いわも大きな要因)、
    自分だけに集中してしまっている業務の軽減をお願いしたのですが、
    定着率が恐ろしく悪い今のチームでその業務が処理できるのが実質自分しかおらず、
    更に6月からもっと厳しい状況になり、
    上司にあたるマネージャーが次々に心を病んで来なくなっている現状では
    助けたくとも手立てがないそうで、
    これはもう無理だなあと諦めて退職を申し出ました。
    入院するはめになったら元も子もありゃしませんし。
    次は日付が変わる前に帰れる普通の仕事にします…。

    その後完全に治りきる前にまた軽く再発したりして、
    現在療養中です。
    しかしいかに腹痛があろうとも食欲は衰えず、
    それはそれは見事に巨大化しております。
    あだ名は『進撃の巨人(奇行種)』です。おいこら。せめて女形にして。