まいにち

    Home > あおば出版 民事再生

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.12.15 Tue 1/4の貧乏な勘定

    原稿料未払いのまま出版社が民事再生法適用という憂き目にあいましてはや2年
    もはや覚えているのは自分のみであろうと思われるころに
    やっとこさっとこ届きました支払いの連絡。

    本来の額の4分の1で。

    ・・・いいですいいですもう1割覚悟でしたから別にいいです。
    それにしたって切なすぎる。
    もう原稿全部ブログで放出してやろうかと思うくらい切なすぎる。
    とりあえずその金はもう無かったものと覚悟していたので
    やったあラッキーあぶくゼニだぜイェアと思い込んで
    シャムシェイド歌いながら肉食います。ひーん。

    関係者の皆様お疲れ様でした。
    これにてあおば出版関連の記事は終了です。たぶん。

    スポンサーサイト

    2007.08.06 Mon 法律相談でのあれこれ

    あおば出版民事再生法適用関連で2chにURL貼られたというのに
    なんら変わりのない当ブログ『まいにち』です。
    なんだよ2ちゃんねら!暴れようよ!炎上させようよ!
    YOU AA貼っちゃえYO!
    そしたら「炎上させちゃらめええぇぇぇ!」ってコメ返すから!

    絶望した。自分のクオリティの低さに絶望した。

    分からない方々おいてけぼりのテンションでお送りしております。
    それはさておき法律相談での話です。
    さしあたりわれわれ作家の小額債権はどうにかなりそうな見通しです。
    それでも来年以降になりそうですが。
    現状ではおそらく大口の債権者(銀行と思われる)との水面下の折衝中で
    そこがクリアになれば計画案が監査に出され
    とんとんと話が進んでいくであろうと思われます。
    予測としては年内には計画案が出るであろうとのこと。
    現在発行中の雑誌の存続その他の問題も
    その計画案に盛り込まれるでありましょう。

    さしあたり債権届が弁護士の手元に集まって集計が終わったあたりで
    債権者リストを請求する心積もりでおります。
    報告はまたいずれ。

    2007.07.18 Wed 債権届出書類

    東京地裁へ郵送する書類を記入しました。
    記入例は以下。関係者の皆様ご参考に。

    【1枚目】
    氏名または名称:本名とペンネームを併記
    債権の種類:原稿料
    債権の金額:総支給額に消費税を含んだものの総額
    債権の内容および原因:原稿料の発生した期間を総合して記入

    【2枚目】
    債権明細目録:原稿料の発生した掲載雑誌の詳細を記入(分かる範囲で)

    以上を同封の返信用封筒に入れて郵送。

    あとは連絡待ちです。
    事と次第によっては東京に出向きます。
    宿よろしく関東在住のみなさま☆

    2007.07.17 Tue あおば出版 民事再生法適用後

    ここ数日、あおば出版の民事再生法適用関連で検索してのお客様が多いようなので
    当事者としてのその後の対応を逐一報告させていただきます。
    その前に、今回の民事再生法適用前後には
    ・あおば出版代表からのメール便による原稿料支払い遅延のお詫び書面が届く。
    ・その後、編集部担当者より出版社存続の危機が電話にて伝えられる。
    ・7月6日、民事再生法適用の知らせが担当者より電話にて伝えられる。
    (適用当日の5日にFAXが送られたそうなのですが、私には届いておりませんでした)
    (引っ越し後に電話番号が変更になったからだと思われます)
    ・翌週、編集部より原稿が全て返却される。
    ・債権者説明会が7月9日に東京で開催される。
    (回収できないであろう原稿料のために高い運賃払って出向けるわけもない)
    という流れがありました。

    そして本日、東京地裁から書類が届きました。


    よく届いたもんだペンネームで。

    内容は再生手続き開始に伴う再生債権届出の書類を記入して返送せよ、でした。
    現時点で私の未払い原稿料が約20万円です。
    8月9日までに届け出なければならないのですが

    書 式 わ か ん ね え ★

    という訳で明日調べます。売掛金に源泉徴収分は含まれますかー含まれませんかーとか
    そういう細かいことを調べて書面で送り返さねばなりません。
    ぶっちゃけ回収はかなり厳しそうです。

    当方はこのような流れになっておりますので、もしこちらにお越しの関係者の方がいらっしゃいましたら
    また今後の対応などについて事細かにブログにアップしていきますので
    お互い頑張りましょう。他の作家さんは多分未払い額のケタが違うと思いますので。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。