まいにち

    Home > たぬこと黒いのとグレーの

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.08.16 Sun 至福のとき

    みなさまお盆はいかがお過ごしでしょうか。
    わたくしきっちりみっちり働いておりますけども。先祖の御霊?ナニソレ?お供えの落雁はおやつに食ったわ。

    さてさて、そんな御霊を敬うココロすらササクレる荒んだお盆ですが
    家に帰ればシアワセがコロコロとあちらこちらそこかしこに転がっておりました。




    だーれだ。




    こめちゃんでしたー!!


    米母がちと所要で北上するとのことで、週末に米ちんをお預かりすることになりまして
    現在家の中ドコを見ても猫が転がっているという我が人生に悔いなし状態です。
    ああもう猫三匹とかどんだけ天国なの!今我が家ぱらいそ!ヘヴン!おぅいぇーーーーー!!(落ち着け)

    米本にゃんはウチを覚えていたようで、勝手知ったるなんとやらとばかりに家中とびまわり
    豆も遊びたくてじたばたする米を手に持ち「こめちゃんだよー 覚えてるー?」と差し出せば
    「覚えてますよ こめですね」と驚く様子カケラもなく頭をへりへり舐めて悠々と毛づくろいして歓迎
    そんで麦もおおはしゃぎで飛びついて転げまわり転げまわり
    「ハハハ子猫は元気だねぇ」と微笑みながら見守る再開風景と相成りました。

    そのときは2時間経過しても転げまわってる状態が継続するとは思わず。

    なんか最初は子猫時代のノリでじゃれて遊んでたんですが
    自分らのパワーが成長とともに増してるのを把握できてなかったようです。
    途中「ふぎゃっ!」「ほぅわっ!」とか文句たれながらゴロゴロ家中転げて移動し
    しまいにゃ双方口あけてハァハァ言い出したのにまだヤル気で走っていくもんで
    「えーかげんに終わりなさい!」とブレイクすること数度。
    もしや仲悪くなった?と一瞬思ったのですが
    しっぽ膨らませたり背中の毛を逆立てたりフーシャー言ったりの威嚇行動が一切ないので
    単に久しぶりで加減がつかめないんだなと判断し
    疲れたら電池が切れるからいいやと好きなだけやらせとくことにしました。

    案の定夜になったらテンションもダウン↓
    目が合うと相変わらずジャンプして飛び掛っていくものの
    体力がなくなったのと慣れたのと飽きたので持続はせず
    そこらへんで適当に微妙な距離感のまま転がって寝てました。

    翌朝になったらすっかり普通になり



    三匹でゴハン。


    あとはベッタリくっつくことはないまでも
    常に二匹よりそって行動してます。さすが兄弟。
    そんで先ほどは



    こんなんなってました。まあ全員ダラダラ。

    米母よりメールで「連れて帰るときに人攫いのように罵らないでね★」と言われました。
    やだそんな罵ったりなんてしないわよ失礼ねアタシ大人なんだから。
    来月もお預かりさしてくんなきゃ仕事いかへんー!!と大の字になって暴れるけど。←子供か。
    スポンサーサイト

    2009.07.05 Sun たぬこと黒いのとグレーのの近況

    昨日の深夜
    突然思い立って「アイス食いてえ!」「ナタデココゼリー食いてえ!」と叫びながら
    猫ズが寝てるのを確認してコンビニへ向かおうと玄関を開けた37歳と17歳ですが
    寝てたはずの豆山さん耳ざとくまんまとバレまして
    背後から「んがーん!」と豆山さんの怒鳴り声を浴びながら玄関ドアを慌てて閉めるという
    まるで厳しい父ちゃんに「お前たちこんな夜中にドコに行く気だ!はしたない!」と叱られるバカ娘のような
    後ろめたい気分で出かけるハメになりました。
    そんで帰ってきたらきたで車降りた瞬間から豆の「んがおーん!んがおーん!」という声が聞こえてまして
    怒ってるなーと思ったら案の定玄関でがおがお怒ってまして
    抱っこしたら控えめにゴロゴロ言い出したので
    お詫びに日頃出さないおいしいパウチのごはんを少し振舞ってお許しいただきました。
    翌日になっていつもの缶詰嗅ぐだけ嗅いでプイスして食わないのは想定の範囲内ですがこのクソ王子。
    その周辺をマイペースかつ自由気ままにうろつく麦さんときたら
    またも猫ベッドのカゴに水やったばかりの観葉植物を蹴り入れ
    ステキなひえひえ泥ベッドを自作しておりました。湿気多すぎだろコレ。絶対きのこ生えるからやめとけ。
    それでなくても土曜日は娘の三者面談日曜日は息子の交流戦の送迎と
    仕事だけでも相当ヘロヘロなのに休日もクソもあありゃしませんがな状態のわたくし
    猫ズを箱詰めしてお中元とのしつけて実家に送りつけたくなる衝動に駆られても致し方ないかと。

    しかしそんなお貴族豆様と家の中駆け巡るマイペース蛮族麦氏
    私が寝てると



    左に麦さんすうすうごろごろ


    右に豆さんむにゃむにゃもっふり


    くそうこのかわいいキサマちゃんたちめと全てを許してしまうわけです。ああもうなんか色々ダメだ自分。


    ***

    息子の交流戦が米ちゃんお輿入れ先のすぐ近くだったので寄ってみました。



    相変わらず甘え上手で



    怪獣ニャンギラスでした。電車なんてこてんぱんだぜ。つかプラレールすげえ。しゃべるし。

    家がだだっぴろいので「キャットタワーのボックス全然入ってくんない」と言われても
    「は?キャットタワーどこにあんの?」と一瞬目に入らないくらいなので
    (うちに同じの置いたら圧迫感すごそうです)
    そこを縦横無尽に駆け回る米ちんの運動能力の飛躍っぷりはものすごいものがありました。
    麦が登ってるテーブルに登れなくて悲しくてぴーぴー泣いてたのにねぇ・・・育ったねぇ・・・。

    ものすごく人懐っこくてやんちゃもさほどないそうで「育てやすい」と言われました。
    それはよかったわーうちの黒いほうなんて今もまさに猫トイレの砂持ってきてちゃいちゃいしてるし
    キッチンマット全部めくって下に隠してある延長コード引きずり出して絡もうとしてるところでねー
    相変わらずンチは踏まないと気がすまないし折角ガチガチに固まってたチッコ砂こまかくほぐすしねー
    寝てるとこ近寄っただけで「んにー!」と文句言ってどっか行っちゃうしねーアハハー。

    友人に「とりあえず鍵貸しとけ うん帰ってきたらちょっと米ちゃん黒っぽくなってるかもしれんが気にするな」
    と持ちかけたものの即座に断られました。
    なんでバレたんだろう入れ替え計画。←丸バレにもほどがある。

    2009.06.15 Mon みんな幸せに

    グレーの子は甘えるのが上手で
    よく豆と一緒に寝てました。
    豆から子猫らと一緒に寝ることはないのですが
    上手にふところにもぐりこんで
    気持ちよさそうにノドを鳴らしてくっついてました。


    シンクロ。


    寝姿が開き系でした。


    ぱっかーん。


    私がPC前で座ったままうとうとしていたら
    ちゃっかりヒザに乗って一緒に寝ていた甘え上手なグレーの子
    昨日もらわれてゆきました。
    名前は米(こめ)ちゃんです。
    一戸建てのきれいなおうちで王子様です。
    しあわせにおなりー。


    そんで空気の読めない黒い子
    ンチが既におちりから半分出てるっつうのにポジションが気に食わないとぐるぐる回るわ
    さほどおなかも空いてない時間だというのにキッチンに立つ人に向かってガオンガオン食い物請求するわ
    無駄にいい運動神経でトイレ砂しこたまくっついた足でシンク上闊歩するわ
    豆と一緒に寝たいならおとなしく隣に転がれば普通に抱っこして毛づくろいしてくれるのに
    豆のハラあたりに水泳の飛び込みよろしく勢いつけて飛び込んだかと思えば
    んぎゃんぎゃ文句言いながら頭突きかましてケリかまして大暴れし
    押さえ込まれてんべんべされてやっと寝たかと思えば一瞬で飛び出すし
    油断したらトイレ砂をビーチと勘違いしてころりとくつろぎ始めるし
    ふさふさの毛がついた猫じゃらしを夜中にくわえたまま走り回り
    トテテテテテカカカカカッと素晴らしくポップかつリズミカルな騒音立ててくれやがるし
    もう本当に変わり者のへんちょこりんのぱんちょこりんなので
    うちの子にすることにしました。←どういう理由だ。



    なまえは麦です。
    小学4年生の習字の授業のあとのようにあちこち飛んだ黒い点々模様が粗忽モノっぽさ強調です。

    という訳なので豆山さんや、よろしくね。



    眠くてそれどころじゃないみたいなので、まぁ、おいおい。

    2009.06.10 Wed 全員ぐったり

    3匹まとめて病院に行きました。
    豆山さんは首のあたりにあるしこりのようなデキモノのような何かと
    ここしばらくの食欲のなさと水飲まないっぷりとダラケっぷりで不調。
    小さいの2匹は駆虫とワクチンです。
    結果、首もとの何かはマイクロチップを入れているかのような形状で
    もしかしたら異物かもしれないとのことでした。
    レントゲンで見えなかったので異物なのかデキモノなのか不明ですが
    腫瘍などではなさそうです。もちろんまだ分かりませんが。
    去勢手術の際に一緒に取っちゃう方向で、来月以降まで様子見することにしました。
    メシ食わないのは単なるセレブ王子様炸裂なだけなので
    「そこはもう飼い主さんと猫の戦いですから・・・」と言われました。うへぁ。
    とりあえず「出されたメシに文句あるなら食わなくてよろしい!」の戦いは2~3日続けても大丈夫だそうなので
    落ちてた分際でセレブなこのやろうに粗食は健康のモトだと執念深く言い聞かせようと思います。
    粗食ったってホームセンターで売ってるねこめしの中では一番高くて栄養価的にイイやつを選んで
    数種類カロリー計算した上で飽きないようローテーションしてんのにこのクソ王子め!食えよ!

    そんで小さいのはンチも身体的にも問題なく
    ワクチン接種したのですが
    当日は元気だったのに明けて翌日いきなりゴハンを食べずグッタリへっちょり。
    無敵の食欲を誇るこやつらが食わないとは!相当しんどいんだな!?
    グレーのより黒いののほうがへばっているようで
    息子ベッドの上でへっちょりとひたすら寝っぱなしになってます。
    グレーのはちまちま動いてちょびちょびと残したごはんを食べたりしてましたが
    やはり何か不調なようで、普段と違う声で「ピァーン」と人を呼んで
    珍しくPC前に座っている私のヒザに乗せろとダダをこねたりしました。
    そうかそうか、しんどいんだねと抱き上げたらば
    窓際でパトロールにいそしんでいた豆王子が一声「んなっ!?」と鳴いてこちらにやってきて
    足元で「んぐるなっ んなっ」となんか文句言い出しました。
    お・・・お前もか・・・お前も抱っこなのか・・・。


    落ちる。絶対落ちる。どう考えても敷地が足りない。

    結局1匹すべり落としたので(ぉぃ)
    黒いのが寝てるベッドに移動していただきました。母の足も限界よ。うふふビリビリするわ。


    こうして見ると小さいのも育ったが豆もやたら丸くなってますね・・・。

    雨も降ってるし体もしんどいし、今日はよく寝るがいいですよ、こぞうども。

    ***

    そんなこんなで相変わらずコメント滞ってます。乗られてて動けなかったから今から家事しなきゃ・・・。
    近いうちにまとめてお返事しますので、気長にお待ちくださいませ。

    2009.06.08 Mon アレルギー持ち猫かあさんの苦悩

    先日、いつものように豆山さんを左わきに設置して腕枕し
    さー寝るぞと枕もとのスタンドを消して数分後

    とす

    てとてとてとてとっ

    ぼす

    子猫ズが2匹そろって私のベッドによじのぼり
    ご丁寧にハラ上に着地し
    そのまま人体を通路のごとくとてとてと歩き
    ワキにいる豆山さんがとぐろをまいている位置までやってきて
    自分らもとぐろを巻いてそのあたりで寝始めました。
    それはつまり私の左顔面の上ということでして
    私は猫飼ってはいるけど猫毛とか犬毛とかアレルギーでして
    慣れたらそれなりに大丈夫になるのですが
    ぶっちゃけ豆でもあまりにも毛を吸いすぎればそりゃアレルギー出るわけでして
    まだまだ全然慣れてない子猫らが顔面でとぐろ巻いて落ち着いちゃった日にゃあそれはもう。

    翌朝、見事に鼻がつまって呼吸がヤバくなり
    左顔面には集中して蚊に刺されたかのようにデカいじんましんが勃発しておりました。うん予想通り。
    分かってたなら子猫をどかせばよかろうとお思いでしょう。ええ私もそう思います。
    でもでもだって3匹が傍らで寝てる風情がとても可愛かったんです!!←バカの極み。

    多少なりともアレルギー軽減になるんじゃないかと猫3匹まとめて洗ったりしてみましたが
    なにぶん子猫らは猫トイレの砂をビーチと勘違いしたふしがあり
    油断するとじゃれあいながらトイレまでもんどりうって転がり込んで戦闘続行するし
    ちょっと一息とくつろいだ風情でトイレ砂のほどよいくぼみに落ち着いて組めてない香箱座りしてるし
    それはまさにその崩れ香箱組んでるちび猫が数秒前にチーした位置だったりするしで
    洗った意義を教えておじいさんとアルプスの山々に向かって問いかけたくなるようなふるまいです。
    このバッチイちびどもをお前の毛づくろいテクでつるぴかに仕上げちゃってくれたまい!と
    豆山に子猫らを差し出しんべんべ毛づくろいさせたりするのですが
    その豆山さん自身も
    私が子猫らに蹂躙された猫トイレを必死に掃除していたら
    上にあるコンロから「さーり さーり さーり」と楽しげな音させて
    洗って置いてあるフライパンを舐めまくって鉄分摂取したりしているので
    なんか全員仕上がりがなまぐさいというか。鉄くさいというか。
    一体どうしたらええんじゃー!?

    解決策:とっとと猫3匹に慣れてアレルギーなぞ起こさぬようオノレの体に言い聞かせる

    うん、それが一番早い。


    ***

    おまけ。
    電池切れな方々。


    最近、家中いたるところに猫が落ちてます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。