まいにち

    Home > 2006年08月

    2006.08.27 Sun よる うみべで そらをみた

    なんだこのばかげた星は。

    降るように落ちる流れ星。
    もはや粒が重なり合い個々の星ではなく
    きらきらした帯となった
    無数の何億という距離の彼方の光。

    一定の速度で走り去る
    ちいさな点滅は
    まわる人工衛星か。
    光の間を縫うように
    するりするりと夜を滑る。

    おおきな球面の夜の空。
    リアル星座盤。
    うそのような
    現実感のない星の元
    手足を蚊にさされて
    かゆい。

    ああ これはリアルだ。

    さされたところを掻きながら
    寝床に戻りまた眠る。

    うそのようなリアルを
    わたしは生きている。