まいにち

    Home > 2007年11月13日

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2007.11.13 Tue お風呂ラブ

    南国宮崎もぼちぼち冷え込んでまいりました。
    (最低気温ですら15度程度で最高気温はいまだ20度突破ですが軟弱宮崎人ゆえ大仰に寒がってみる)
    この季節になるとステキな娯楽がございますわよね。
    そう
    お ふ ろ ☆

    入浴剤を息子がその日の気分で選んで湯船に投入。
    「きき湯 炭酸マグネシウム」だのなんだの色々取り揃えた入浴剤のうち
    我が家で特別扱いなのが「露天湯めぐり 桜山」でございます。
    お湯に溶かせばセレブな雰囲気漂うピンクのにごり湯と広がる華麗な香りで
    心も体もほわほわリラックス。
    ゆるりと肩までお湯に沈んでああっもうたまんねーな!オレ日本人で良かった!

    そして体を洗うのは
    ボディソープなんてコジャレたシロモノではなく
    昔ながらの牛乳石鹸(赤箱)です。
    どうもボディソープは後に残るぬるぬる感が苦手で
    ずーっと牛乳石鹸を愛用しております。
    顔もコレで洗っちゃいます。泡立てネットでうわーっと泡立ててもちもちの泡にして。
    そういえば先日とあるお店で石鹸を買おうとしたら
    たまたま赤箱だけ売り切れてまして
    「わーん売り切れてるうー赤箱がいいのにー」とひとり呟いて嘆いていたら
    隣で商品補充をしていたお若いお兄さんが
    「申し訳ありませんー 赤だけ売り切れちゃったんですよー 赤箱いいですもんねぇ」
    と賛同してくれて「そうですよね!いいですよね牛乳石鹸!」「ですよね!赤がいいんですよね!」
    牛乳石鹸赤箱愛好家同士で盛り上がりました。

    お風呂上りのほわほわした空気に
    漂う入浴剤の香りと
    ボディソープの「いかにも香りでございー!」と主張するにおいじゃなくて
    石鹸の素朴でふわふわとしたどこか懐かしい香りが混じって
    なんだかとっても幸せになる
    そんな冬の娯楽が私はとっても好きなのでした。

    しかし難点がひとつ。
    我が家で不動のナンバーワン人気を誇る「露天湯めぐり 桜山」ですが
    ひと箱4種類入ってるのうちのひとつで
    他の種類が5袋ずつ入ってるというのに
    なぜか桜山だけは3袋しか入ってないのです!
    ここもまたセレブ感強まる理由のひとつなのですが
    おかげで毎回毎回緑のやつばっか余ってしゃあないのです!(あえて名は秘す)
    緑のフロを見るたびに家族全員で「チッ 今日は草風呂かよ」とちょっと毒づいてしまうのです!

    何が言いたいかというと
    みんなで露天湯めぐりを買って
    桜山だけ抜いて
    ウチにお歳暮として送ってくれるとイイヨ★ということd(みなまで言い終わらぬうちに撲殺)
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。