まいにち

    Home > 2014年07月

    2014.07.17 Thu きなこです


    別名はらまきおむつ子です。

    おけつ穴は他猫にガブられた傷でして
    そこから化膿して下半身まるっと膿が溜まる膿瘍という状態になっており
    リンパまで炎症が広がって発熱し
    こりゃいかんと切開→排膿→排膿ドレーン設置→はらまきおむつ子になった次第です。
    命ヤバかったです。
    初診日に抗生剤飲んでりゃこんなことにはならなかっただろうに
    私の初動ミスだと病院でぼろぼろ泣きましたとも。

    後悔と反省は己の中で片付けて
    とにかく太ももと股関から管出てるちっこいののケアです。
    まー出た出た膿。看護師さんが「見てー膿いっぱい出たよー( ̄∇ ̄)」と膿盆にたっぷりの膿をタプタプ揺らしながら見せに来るほどに。
    …毎度思うのですが動物病院てのは切った患部とか取った臓物とか出た膿とか必ず見せるもんなんだろうか。
    たまに取ったタマ持ち帰る母がいるからだろうか。私ですが。

    先生が「こりゃ難しいなぁ」と頭をひねりひねり
    受傷位置がおけつと太もものためドレーンが陰部にかかり
    どう設置しても排尿排便に差し障るという困った膿瘍位置。
    本来なら2本にしたいドレーンをどうにか1本にして
    太ももと陰部ちょい横に出して設置。
    洗浄風景はなんというかもう。
    腸詰めウインナーの下準備?つか水芸?
    ドレーンに洗浄液通してぴゅー。
    腹の穴に洗浄液通してぴゅー。
    反対からも通してぴゅー。
    ぴゅーぴゅーぴゅー。
    子猫の腹からぴゅーぴゅー水が出るさまは
    正直動画に収めたくなりました。(やめなさい死にかけてんのに)

    ガーゼを腹に縫い付けて固定してテープぐるぐる巻きでしばらく洗浄に通います。
    ひっぺがすパワーはないのでエリザベスカラーはつけないでもらいました。
    これ以上負担になるものつけたくなかったし(´・ω・`)

    チッコのたび汚れるのは仕方ないので
    尿による皮膚炎を防ぐため
    つどつどぬるま湯で流してドライヤーで乾かすようにとのことです。
    1日2~3回洗ってるので
    脇から下がフワフワになりましたきなこ。

    手術翌日はたまたま娘が帰省していたので通院してもらい
    昨日今日は私が有給取ったので大丈夫ですが
    明日以降の通院が難しく
    朝出勤前に病院に預けて
    夕方は誰かに迎えを頼むしかありませぬ。
    私の終業時間には病院もう開いてないんだよぅ(;´Д`)
    息子はもっと遅いんだよぅ(;´Д`)
    あああ手が足りないぃ。゜(゜´Д`゜)゜。

    会社に子猫育児休暇を(あほ)