まいにち

    Home > 2019年05月

    2019.05.30 Thu 書いた気もするけど記事見つけきれなかったのでまた書く

    同じ内容の記事あったらごめんなせい。
    ババアはおんなじ話何度もするもんなのよ。

    ちょっと前に動物病院の診察待ち中、
    お会計をしていた犬さまママさんが、
    点滴やお薬の説明をされておられるのを聞くとも無しに聞いてて、
    犬さまはもう長の患いで終末期なのがわかりました。

    長患いのため常連さんらしく、
    病院スタッフの皆様ともおなじみのようすで、
    受付のスタッフさんとお話していたら、
    診察室から先生が大声でお薬の補足説明をされて、
    ママさん明るく「お薬変わるの?わぁ期待しちゃう♪」と顔をほころばせていたのですが、
    薬の話を一通り終えた先生が
    診察室で他の子たちの診察を続けながら
    最後に大きな声で言いました。

    「お母さんが諦めちゃだめよ!」

    それまで笑顔で明るい声だったママさん
    はっとした顔になり、
    笑顔を作りながらつとめて明るい声で
    …つとめて明るい声を出そうとして
    こらえきれない震えた声で
    作りきれなかった笑顔の口もとに
    震える手を寄せて

    「やだ…そんなこと言われたら泣いちゃう…」

    い や も う 聞 い て た わ し ら が 涙 腺 崩 壊 。

    はたから見たらただの犬猫。
    人によっては命とすら思わずゴミに捨てちゃう毛玉たち。
    しかし私たちにとってはかけがえのない大切な大切な存在。
    できることならせーので一緒に逝きたい。
    いやうそごめん違う。
    私が先に逝ってもきみらは幸せに生きていて。
    いやこれも違うか。
    できることなら
    無理なのは分かってるけれど
    ずーっと一緒に、生きたい。生きていて。幸せでいて。

    絶対に諦めない先生がいるこの病院に
    出会えてよかったなあと
    しみじみ思った次第です。

    2猫分ワクチンさぼってますすいません。←