まいにち

    Home > 2019年11月

    2019.11.21 Thu 朝、虐待についての特集しとりました。

    番組でも言うてたんですが、
    わかんないんだよねえ、それしか知らんから。
    「あれ?よそんちはこうじゃないの?みんなこうなんじゃないの?」と知るのは割と後で。
    そして知ってしまったらもう悲惨。納得いかないから。
    なんで自分だけこうなん?よそんち大多数はほのぼのしてんじゃん、なんでなん?と考えた挙げ句、
    そうか、自分が悪いんだ、だからこんな目にあってんだ…。
    という結論にたどり着いたりします。

    声を大にして言うときます。

    ちげーぞ!親ガチャハズレ引いただけやぞ!

    時代が今なら立派なネグレクト、
    体弱すぎて幼稚園まともに通えなかったのに
    小学生から家に親不在の放置、
    喘息出ても耐えるしかなく、
    保険証もないので病院にも行けず、
    じいちゃんの喘息の薬を割って少しずつ飲んで発作をしのいだ。(危ないなー今考えると(´Д`;))
    15歳から働かねば学校行くどころかメシもない、
    クソ底辺育ちの47歳が太鼓判。

    おめーの親が大ハズレなだけ!おめーはなんにも悪くない!

    そんなめにあうのは理不尽だから!
    絶対自分のせいではない!
    格差社会まじくそ!自分被害者!自分ちょー可哀想!と高らかに叫んで
    どんな手を使ってでも生き延びてくれたまえ。

    そして「絶対まっとうに生きて幸せを掴んでやる!」と思ってほしい。
    そんな育ちだと時には歪むし間違うし法に触れるしくじりもあるやもしれん。
    そもそもまっとうを知らんからやり方分からんのも当たり前。
    苦境を生きて、泥食って生き延びるだけで精一杯だしなあ。
    社会に出ても普通とはなんぞや?と分からんままで、
    周りの方々を見て、セレブや高学歴や高収入とも知り合って、ああ、まっとうに生きるってこういうことなんだ、と知るのは相当後かもしれん。
    それでもいい、相当後でもいい、
    わかったその時からでいい、そこからでも立て直せる。断言する。

    今つらい人も、どうにか生きてほしい。
    数年後、何十年後、いつか必ず、
    もっふもふの猫だんごに埋められて
    動けねえよー重いよおーなんで全員で埋めにかかるのよおー
    と幸せな悲鳴あげることができるようになるから。
    生きてりゃなんとかなるから。なったから。

    と左脇にあべかわ、こたつの中で左ひざにきなこ、左足先にちまき、太ももに豆、右足に麦という状態で記事書いてたら、左脇と右尻がつりました。幸せ!痛すぎて悲鳴もあげらんなかったけど!


    20191121220427147.jpg



    やばい今度は右足がつりそう。←リアルタイム。