まいにち

    Home > 日記 > いい話を書くつもりでしたが結論こうなりました

    2019.04.03 Wed いい話を書くつもりでしたが結論こうなりました

    天野月さまツイートの一文。

    大丈夫だよ、君なら平気だよ
    って言われてばかりなのは
    時々かなしい
    実際に平気だから
    かなしい

    プッてなりました。
    わかる。
    わかりすぎてありあまる。

    どの場に潜り込んでも対人面でノー苦労。
    職場ではマイペースにふらふらと野生のケモノ。
    飲み屋では見知らぬ人と意気投合。
    お初のスナックでカラオケ歌えばライブハウス。
    道を歩いてても通りすがりの人と世間話。
    コンビニレジの赤髪お兄ちゃんとも和気あいあい。
    コミュ力モンスターと呼ばれるババアは
    他人と交わることが平気で
    ひとりでも全然平気。
    それはおそらくずっと孤独だったから慣れたのではなく、
    分かち合うことも経験して、
    色々と納得の上で今ここでひとりで立っているからではなかろうか。

    すすんで望んだわけではなく、
    その場その場の岐路の選択が、
    結果ひとりで立つ道でした。
    そこで焦って誰かにすがることをせず、
    おっけー任せろこれはこれでよきと
    平気でひとりで居られるあたり、
    コミュ力モンスターは、
    実は根底がコミュ障なのかもしらんです。

    とはいえ後悔があるでもなく
    そうじゃなかった道を選んでいたら果たして、
    今ほど清々と振る舞えたかどうか。
    誰かの隣で泣いたり笑ったり、
    それはそれで心震えるすてきなことだけど、
    そういう経験を振り返り遠くから眺めて、

    総じてめんどくさかったと。←

    かなしさ=根底コミュ障で人でなしのオノレのクズっぷり。

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可