まいにち

    Home > 日記 > 担当美容師Mさんの策略

    2007.01.26 Fri 担当美容師Mさんの策略

    手持ちの自分の写真を過去にさかのぼって見てみると、ものすごく違和感があるのです。
    おかしいのです。
    私はここ数年美容院に行く度に同じメニューを繰り返しているはずなのです。
    ストレートパーマ(カット)→カラー(カット)→ストレートパーマ(カット)→カラー(カット)のループで、ヘアスタイルを変更するでもなく(たまにコテパーマかけたりはすれど)カラーも伸びて黒くなった根元だけ全体のトーンが揃うように染めてもらうだけなので、特に数年前と違った点がある筈は無いのです。
    しかし明らかに変です。
    何がおかしいって

    年々髪が黒くなっている。

    2年前の夏の自分は割と明るい茶色でした。
    今は殆ど黒に近いこげ茶です。
    おかしい。一体いつの間にこんなにダークトーンのカラーになったのだ。
    そんで今日恒例のストレートパーマ施術の日だったので、長年担当のMさんに聞いてみました。
    あたしさあ、年々髪のカラーのトーンが暗くなっていってるよね。何をした。

    Mさん 「はい 実はバレないように徐々にトーンを落としていってました(笑顔)」

    はうっ!やっぱり!なぜそんな年単位の時間をかけて小細工をしやがった!?

    Mさん 「実は今もすでに半年以上カラーしてないんですよね(笑顔)」

    がふっ!そういえば確かにカラーした記憶がない!でも根元プリンの違和感がない!

    Mさん 「ええ だんだん境目が分からないようにしていこうと思って(笑顔)」

    って事は私が気付かないうちに真っ黒なカラー無しの毛にしようと企んでたのか!?

    Mさん 「いえいえいえ(笑顔)」

    ※Mさんは私のひとつ年上の男性です。
     そういえばMさんも2年前まではイエモン吉井さん系の金髪だったりしましたが、今ではすっかり黒髪ばかりです。
     落ち着いたものです。

    私の毛はMさんが全権を握っています。
    とどのつまり『お互いトシもトシなんだから金髪とか茶髪とかもうダメでしょうハハハ』と思いつつも、そう言ったって絶対聞き入れずに「染めろー染めろー」とダダをこねるに決まってるハギワラを黙らせたまま黒毛にしていこうという壮大な策略だったもようです。
    ちょこざいなりMさん。

    そんな訳で知らぬ間に茶髪脱却させられてしまいました。
    あと数年のうちに立派な黒毛和牛になります。Mさんの計画が完了するまで見守っててください。

    今「黒豚だろ?」とか思ったヤツ前に出ろ。

    Comments

    name
    comment
    kuzu : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.01.26 Fri 13:54

    初めまして。たふろくさんから来ました。
    白髪染めとは言わず茶髪にしようと決心してるところに新事実。
     年食っちゃうと黒がいいのかぁー・・・・考えねば

    あん : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.01.26 Fri 15:35

    さらに年上で茶髪ロン毛セミモヒなおいらはどうすればよいのでしょうか(核爆)
    >四捨五入せんでも今年四十路(^_^;)

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.01.27 Sat 01:09

    >kuzuさま
    いらっしゃいませ。たくろふちゃんにはいつもお世話になっててねえ(近所のオバチャンモード)
    担当Mさんの心情としては、トシのこともありましょうが、そもそもが傷みやすい髪質なので、猛烈なくせっ毛ゆえの定期的なストパーが避けられない以上、他に髪を傷める要素はなるべく排除したいという切ない願いもあったかと思われます。カラーは確実に髪を傷めますからのぅ。
    私の髪質がかなり特殊で、それを長年担当してるMさんならではの話なので、他の方には当てはまらないと思いますよ。

    >あん
    うるせーサラサラロン毛めー(そねみ)

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可