まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > コイバナ

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2007.02.12 Mon コイバナ

    目に映るすべての異性がターゲット!という
    精力あふれる人間がこの世に居るのは存じておりますが
    お願いですからそういう無差別テロのようなラブ連射に
    私を巻き込まないでいただきたいと切に願う今日このごろ。
    なにやら色気づいたことを言われた瞬間に
    「あ、ごめん、迷惑」とキッパリ一蹴したら
    なんかものすごく悪人のように言われてるらしいですけども
    好きでもない人から言われた好意にまで優しく接せねばならんのか?
    そもそもが私だけをターゲットにしていたワケではなく
    無差別にそこらの女子に片っ端から狙いを定めていて
    うまいこと引っかかればラッキー方式で乱射していた人物に優しくしろと?

    私の恋のはじまりはたいてい初対面からです。
    という自覚は実は無かったのですが
    振り返ればほぼ全部初対面から「この人好きかも」と思い
    相手も初対面の時点で私に対して特別な感じを抱いていてくれていたように思います。
    (わかんねーけど今となってはw)
    なんといいますか、古い言い方ですが「ビビッとくる」相手ばかりだったのです。

    そして私は大恋愛を経験してきています。
    この先あんな恋愛をすることはもう無いだろうと言い切れるほどに
    好きで好きでたまらなくて
    身を焦がすような恋をしてきました。
    相手も私のことを
    宝物のように大切に大切に思ってくれていたのです。多分。←ここらへんが謙虚。

    かつて私は自分のことがあまり大切ではありませんでした。
    こんなろくでもない自分なんて消えてしまっても別にかまわないだろうと
    自分の身を、心を、ずいぶんと軽んじていました。
    でもそんな私のことを大切に大切に想ってくれた人がいて
    傷だらけな体を愛でて
    優しく頭を撫でてくれた手があって
    めんどくさく泣いたりグチったりする手のかかる私を愛してくれて
    何度も何度もそんな事を重ねて重ねて
    それでも変わらず想ってくれる人がいて
    自分を大事にしなければいけないと思えるようになりました。

    そんな宝石のような恋をしてきて
    宝物のように大切に扱われていた私を
    お気軽お手軽恋愛のターゲットにしようなんざ
    マジ埋めるよ☆←真顔。

    ところで最近男には全く萌えないのに
    「お願い結婚して」と思う女子がまわりにいっぱいいます。
    そろそろちんこが生えてくる日は間近でしょうか。

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。