まいにち

    Home > 制服騒動 > 制服騒動 その3(トドメ)

    2007.03.14 Wed 制服騒動 その3(トドメ)

    昨日は行事で制服を着て行かなかった娘さん
    今日担任に「スカート買いましたから」と報告したそうです。
    担任は「ええっ!?買ったの!?」と驚いていたそうです。
    買ったさ。母の愛と意地でな。

    事件はその後起こりました。
    卒業式の練習で体育館に3年生全員が集まり
    式典前の容儀検査が行われたそうです。
    ヒザ立ちになってスカートの裾が床につかなければアウトなのですが
    娘は当然左側がつきません。腰ナナメ子ですから。
    検査にやってきた先生が案の定「短いねぇ」と注意し
    腰をもにもにと触ってきたそうです。
    ※スカートを短くするためにウエストを曲げてないかチェック。
    娘は憤慨しつつ「曲げてないんですけど」と先生に言い
    先生から「でも短いねー」と更に言われたので
    「でもスカート買ったし」とぷりぷり伝えたところ

    「じゃ何で着てこないの?」

    と言われたそうです。

    火曜日にオーダーしたスカートが水曜日に着てこれると思ってんのか!?
    と内心思いながら「いや・・・明日出来上がるんで・・・」と娘反論。
    その後3人の先生から「なんで着てこんとや?」と言われ続け
    かなりゲンナリしたそうです。

    そしてある女性教諭がこう言ってきました。
    「買った制服どうすると?家に飾っちょくと?」
    「は・・・?どうするって・・・人にあげる・・・かな?」
    (娘内心:13号なんてデカいサイズ着る子いないだろうなあ)←もっともだ、母ですら着れないw
    そして耳を疑うひとこと。

    「そのスカート学校に寄付とかしないの?」


    母はここまで聞いて完全にキレました。
    娘に「いい?学校にねじ込んでよろしい!?」と先に問い
    娘が「ぜひとも!」と憤慨しているのを確認し
    皮膚科に行かねばならなかったのをキャンセルし学校に即座に電話。
    担任を呼び出しまくし立てました。
    以下私の主張。

    「卒業式4日前の夜になってスカートの丈が短いと言い出してくるだけでも相当無茶であり
    しかも娘に特に非があるということではなく
    身体的特徴ゆえのことであるのに
    それでもそれで娘があれこれ言われては気の毒すぎると
    黙ってスカートを購入し
    理不尽な事でもこちらは出来る限り迅速に対応しているではないですか。
    スカートがいくらかご存知でいらっしゃいますか?
    1万円近くしますよね。
    我が家は母子家庭です。決してお安い買い物ではございません。
    それでも子供のためを思い、学校側の理不尽な要求に応え
    特に文句も言いませんでしたよね。たった一日のための出費でした。
    それを寄付しろと?何考えてんですか?
    図々しくないですか?買えよ!
    理不尽どころじゃないじゃないですか!」

    担任は把握していなかったらしく
    ものすごく驚いて謝罪してきました。
    電話を切って数分後に今度は学年主任から電話があり
    平謝りでした。
    そりゃそうでしょう。
    そもそもが問題のある生徒どころか
    むしろ優秀なほうの生徒です。
    しかもスカートが短いという指摘に対して
    ゴネはしたものの新品を買うという最良の対応をしたはずです。
    なんのケチをつける部分があるのかと。

    その寄付をしろと言ってきた女性教諭を叱り
    本人から電話で謝らせたいと言われたのですが
    「さっきの電話を切ってから数分で反省できたとは思えません
    とりあえず怒られたから謝っとけ程度の謝罪は要りません
    何が悪かったのか心から詫びていただけるならお受けします」
    とお断りしました。

    娘に「母、学校に言ってよかった?キミの立場が悪くなったりとかで余計つらくなりはしないか?」
    と尋ねたところ
    「言っていい 自分は先生に言えない 言っても丸められて終わる だから言ってもらいたかった」
    とのこと。
    でも明日は先生方と会いたくないので、休みたいと言ったので
    どうせ明日は午前中に卒業式の練習をして終わりだし
    行きたくない気持ちも充分に分かるので
    休んでもよいと許可しました。
    詫びられてもどうしていいか分からないし
    何よりもその女性教諭は絶対に詫びてはこないだろうと
    詫びたとしても必ず余計なことを言うであろうと娘は予測していました。
    威圧されるだろうなと思っていました。

    娘と話していたらチャイムが鳴りました。
    担任、学年主任、件の女性教諭が並んでおりました。
    全員でお詫びにとのこと。
    今回のことは学校側が100%悪いと認めての謝罪でした。

    しかし話していると、担任と学年主任は玄関で謝罪しているというのに
    女性教諭は階段の数段下で突っ立ってるだけです。
    これでは話になりゃしないと私から水を向けました。
    女性教諭の話は
    「私はこの学校に来て一年目だから、前のところと同じようにジャージ寄付してとか軽い気持ちで言っただけだった
    今後また同じようなことになった時に、学校に寄付してくれたらその子らのためになるからと思った」
    だそうです。

    怒鳴りました。
    「数年後の誰かのことを気遣う前に うちの娘を気遣うって配慮は無いんですか!?」

    続けました。
    「寄付って気持ちですよね するほうの自由意志ですよね
    私にしてみたら寄付すること自体はいいと思います こんなデカいスカート誰も着ませんし
    だけど今回のことをよく考えたらいかがですか?
    理不尽な理由で
    たった一日 数時間 式典のためだけに買わざるを得なかったスカート
    学校から押し付けられた理不尽極まりない理由のために買わざるを得なかったものを
    学校側がケロリと『寄付しろ』と よく言えますね!?
    私が言い出すならいい あんたが言うな!!
    しかもそれを子供に言いますか!?上から言われた子供が断れますか!?」
    (※断ったけどよ。うちの娘根性あるからw)

    その後担任と学年主任がひたすらに謝り
    どうか娘に直接謝らせてくれと言うので
    しぶる娘に「一発泣いとけ」と入れ知恵して玄関まで引っ張りました。
    担任と学年主任は
    「本当にごめんね ずっと頑張ってたの先生知ってるのに 最後の最後で傷つけたね・・・」
    と娘に謝り
    それを聞いた娘も(入れ知恵のせいではなく)ぼろぼろ涙をこぼし
    先生方も「普段絶対こんな風に泣く人じゃないのに・・・本当にごめんね」
    「脊柱側わんのことも、もっと勉強して把握してればよかったんだよね・・・」と
    とっても申し訳なさそうに謝ってくれているのですが

    おーい元凶の女性教諭ー姿すら見えんのやけどドコおるー?

    担任と学年主任がペコペコ15歳女子に謝ってんのに
    相変わらず階段の数段下でボーッとしてる女性教諭に腹が立ちまして
    私から「お二方だけ謝罪して○○先生はだんまりですか?」と言うと
    学年主任に促されて女性教諭が玄関前に立ちました。
    そして娘に向かってこう言いました。

    「ごめんね 先生悪かったね 軽い気持ちだったのよ
    この間部活で いーい笑顔してたじゃない
    またああいう笑顔見せてよ ね 笑ってよ
    笑えるよね? できるよね?」

    上記の台詞を聞いて

    娘大泣き。

    母激怒。

    女性教諭の話を遮り
    「待て!謝罪になってないでしょう!
    あなたが言ってることそれ謝罪のつもりですか!?
    あなたがしてることは強制・強要じゃないですか!
    なんで学校側のミスで娘ががんばらなきゃいけない!?
    なんで頑張って笑わなきゃいけない!?
    今まで散々頑張ってきたのにこんな仕打ちを受けて
    それでも理不尽でも頑張ってきた子に
    これ以上がんばれってあんたが言えるわけないだろう!!」
    と怒鳴る母。
    娘はぼろぼろぼろぼろ泣きながら
    「明日 学校 行きません!」と叫び
    部屋に走り去って行きました。
    狭い家だから走ると色々ぶつかるぞー。

    後ろにいる担任と学年主任に目を向け
    「今のってどうですか?お聞きになってて謝罪でしたか?」
    と尋ねると
    2人とも沈痛な面持ちで首を横に振り。
    「だから電話でも言ったでしょう
    心から反省しての謝罪じゃなきゃ要らないって
    こんなこと言いに来たなら余計ひどいです
    何の意味もありません
    折角来ていただいたけれど
    もっと校内でちゃんと教師同士の意思を統一して
    きちんと心から娘に謝ってくださるんじゃなきゃ
    余計娘がつらいだけです
    事実あんなに娘泣いたでしょう!?
    あの子泣きませんから!強い子ですから!
    どれだけ悔しいかちゃんと考えてください!
    学校でこの人(女性教諭)にちゃんと話してください
    こんなの謝罪でも何でもありません
    申し訳ありませんがお引き取りください」
    とお帰り願いました。
    女性教諭は玄関で私を睨み付けていたので
    「お引取り願えません?」と言ったら
    「あとで電話して娘さんとお話できませんか?」と聞かれたので
    「あなたの根本的な考え方がおかしいと申しております
    親や教師が子供と対等であれとは私は考えておりません
    大人が子供と対等である必要はありません
    ですが明らかに大人が間違ったときには
    子供の目線まで降りて謝るべきじゃないんですか?
    なんで謝罪まで上から目線なんですか!
    それを認めて謝罪できないなら要らないと言いました!
    先程の話っぷりであなたがそれが出来るとは思えません!
    この上子供とあなたを対話させるつもりはございません!
    これ以上泣かせる気は毛頭ありませんのでお帰りくださいね」
    と突っ撥ね
    後ろの2人に「連れて帰ってくださいな もう結構です」と述べ
    「お2人の謝罪はお受けいたしましたし
    実際のところ娘に今日何か言ったのはお2人ではありませんので
    むしろ申し訳なく思っております
    しかし当事者の教師の認識がこれです
    娘は余計頑なになりました

    何しに来たの?」

    女性教諭をアゴで帰らせ、2人の教師にも
    「申し訳ありませんでした・・・また学校に戻って言って聞かせますので・・・」
    と更なる謝罪を述べさせ引き取っていただきました。

    その後担任から電話があり
    「本当に申し訳ないです・・・
    自分が担任としてもっと体のこととか把握して
    全教員にそれを行き渡らせておかなきゃいけなかったのに
    それを怠ったと後悔してます・・・
    どうにか明日学校に来て欲しいので
    娘さんとお話できませんか?」と言われたのですが
    その時娘は泣きすぎて目が腫れ
    両目の上にアイスノンを乗っけたまま
    泣きつかれてコタツで寝入っておりました。
    それを担任に伝えると
    「うわ・・・泣き疲れて・・・そこまで泣かせてしまって本当に申し訳なく思ってます」
    と心底後悔した風情で謝られました。
    「まだ学校に残ってますし
    帰っても気になって眠れないと思うので
    何時でもいいから
    彼女が話す気になってくれたら連絡もらえますか?」
    と言われたので
    目が覚めてメシ食った娘には伝えておきましたが
    なんか必死で枝毛切ってるので
    多分もう話したくはないのでしょう。
    かなりイラッとしてるようです。
    そりゃそうだ。

    学校側からは
    もともとの原因だったスカート丈について
    「画一的に長さはこうでないといけないと決め付けて
    個人個人の体型などについて配慮が完全に欠けていた
    今後二度とこのようなことがないように
    きめ細かく考えて見ていきます」
    と謝罪されました。
    娘や私の対応にどこか非があったかと聞いたら
    「一切ありません 学校側が100%悪いです」
    と認めました。

    今私が問いたいのは女性教諭の態度です。
    謝罪にもならない謝罪をし
    更に娘を泣かせたこの対応。

    そして目が覚めた娘が怒っているのはこれです。

    「あいつ くさかった
    なんかフルーツのガムとか食ってたにおいした
    謝りに来てモノ食ったにおいぷんぷんって
    おかしいよ」

    私も気付きました。直前、または謝罪の時に
    何か食ってたであろうグレープのにおいに。

    娘は明日はなんと言われても行かないそうです。
    今、気持ち悪いそうです。
    ストレスだと思います。

    担任と学年主任に対しては
    「ごめん!」と手を合わせてました。
    特に学年主任に対しては
    「あの先生はちゃんと見ててくれたと思う」と
    まだ信頼しています。
    担任に対しても
    「謝ってくれたし 無表情だけど気持ちは分かった」
    と態度が軟化しています。

    しかし女性教諭に対しては怒り心頭です。
    部屋に泣き帰ったあと
    硬い鉄製のヘアクリップを片手でヘシ曲げてました娘。怒りで。
    悔しくてたまらなかったそうです。

    大人に対して植えつけられた不信感。
    これから子を育ててゆく次世代の娘が持ったぬぐえない不信感。
    いままで培ってきた信頼が一瞬にして無に返された悔しさ。

    間違ってもいいから
    間違ったら相手が目下でも謝れ。

    そう教えてきた私の信念を
    目の前でぶっ壊してくれやがった女性教諭に
    どうしてくれるのかと問いたい。



    大騒動に発展した制服騒動、いまのところはこんな顛末です。

    Comments

    name
    comment
    さるさ : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.14 Wed 22:36

    悲しい事だよな。
    あんちゃんの言うように免許制度にして適正検査や一般の企業への出向や塾講師の出向なんかも義務づけとかやってくれたらいいのに。
    教職略奪する方法が犯罪おかした時ぐらいってのじゃ腐った教師は減らないよな。

    誠司 : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.14 Wed 22:54


    「軽い気持ちだったのよ」って
    言ってるそれ自体がまた軽い気持ちなんだろうね。

    まおの言うとおり、こういうアホはうわべだけの反省しかしないだろう。
    ホントに救いがたいアホだ。
    こんな奴が教師でいること自体どうかしてる。

    子供が親の次にお手本にするであろう教師が
    軽い気持ちで子供に接してんじゃねぇ

    みゃう : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.14 Wed 23:09

    うわ~・・・
    こんな「自分が正義」な先生がいるもんなんですねぇ

    丈が短いの注意しておきながら
    「たった一日の為になんで買ったの?」
    な発言はさすがに・・・
    しかも寄付しろだなんて、、、

    だいたい、その女教師の過ちとムスメちゃんの部活でのいい笑顔
    は全然関係ないし。

    その場で食ってかからなかったムスメちゃんの方がよっぽど大人
    だよ。

    何かの番組で学校に第三者の立場の人間を置いて学校や先生
    を評価する状況を設けるってのやってたけど、
    そう言う事をもっとやっていかなくちゃダメなんじゃないかなぁ。

    wineid : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 00:03

    なによりも
    娘を守る母の強さに感動。

    あ、初コメです。
    ちょくちょくチラ見してました。

    久しぶりにグッジョブな母を見たな~

    つかちゃん : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 00:06

    まおさんの毅然とした態度に、拍手を送ります。

    わたしも、娘の中学時代の修学旅行の件で担任と戦ったことがあります。
    だけど、やっぱりこちらの気持ちをくみとり理解できる能力など持ち合わせていない教師でした。
    今でも娘の心の中にはそのことがトラウマとなり、京都には二度と行きたくないと言います。

    理不尽な言動がまかり通るとは、世の中どうなっていくのでしょうね。
    教師を教育することより、むしろ躾けることからやり直しさせなくてはならないのでしょう。

    きた : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 01:38

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見いたしております・・・・・・。
    教師が酷いですね。
    「先生」なんていわれて、上から物を見るのが当たり前だと、こういう人ができるんですね。こんなことやったら、最低でも土下座ですよ。

    人の心が汲み取れないなんて、教師も落ちぶれたものですね。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 02:06

    >さるさ
    こんな現実目の当たりにすると教師に子供預けたくなくなるよな。
    教師以前に人としてダメだろと。一般企業じゃ絶対通用するものか。
    さるさの言う法案を現実問題として具体化する必然性を感じる。
    どうにかできないものだろうか。

    >誠司
    謝罪の間ずっと私を睨んでたわよ、その教師。
    申し訳なさなんぞカケラも見当たらなかった。
    だからこそ電話での謝罪は拒否したのに。
    ほら見たことかと思った。反省してないのにうわべで謝罪してもね。
    伝わるわけないじゃないのと。

    >みゃう
    第三者を置く制度、娘が「ぜひ取り入れてほしい」と言ってた。
    それなりの権限を持って、ダメなもんはダメだと言える人材を配置してもらいたいわ。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 02:14

    > wineid
    初コメありがとうございます。
    グッジョブうれしいけど、結構悩み悩みながら、ですw
    これでいいのかな、かえって娘の負担にならないかな、とか。
    いちいち娘と相談しながら話を進めています。
    先生に怒鳴った後で「怒鳴っちゃった・・・母キレすぎ?ダメだったら言ってね」
    と娘にいちいち聞いてますw

    >つかちゃん
    あらららら、京都でなにがあったの。かわいそうに・・・。
    まだね、今回は救いがあると思ってます。
    少なくとも担任と学年主任は子供を傷つけたことを悔いてくれているから。

    問題は直接娘に関わった教師が反省しとらんことですがね。
    娘は「主任の先生はいい先生 担任の先生も分かってくれたっぽいからもういい」
    と言ってますが
    当事者の先生に対してはあからさまに嫌悪感むきだしです。
    「反抗期ってものの気持ちが初めて分かった気がするヨ!」と
    反抗期皆無の子が申しましたw

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 02:14


    >きた
    はじめまして。コメありがとうございます~。
    娘と似たような話を先程まで語り合っておりました。
    大学卒業して即「先生」と言われる立場になり
    名と実が伴っていないのであろうと。
    「師」と呼ばれるに相応しい器が無いままに師であるのであろうと。

    東国原知事じゃないけど
    「どげんかせんといかん!」と切実に思いました。

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可