まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 制服騒動 > 制服騒動 その5(早い!朝早いからッ!)

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2007.03.15 Thu 制服騒動 その5(早い!朝早いからッ!)

    昨日の騒動ですっかり「あたまいたーい」「きもちわるーい」と
    ストレス症状満載の娘さん
    学校との対応に追われて一日のタイムテーブルが後ろにズレこみ
    息子の宿題やフロが遅くなって(親が見てないとこの息子は宿題が終わらん・・・)
    娘もズレズレになり
    寝付いたのは2時ごろでした。

    そして一夜明けて15日朝。
    娘はすーすー寝ています。昨日の一件でお疲れなのでしょう。
    息子を送り出し
    娘の学校に電話して休ませる旨を伝えました。
    「病欠ですか?」と聞かれたので
    「いえ 3年の先生方に休むと言えば事情は分かると思います」と言って電話を切りました。

    数分後。

    ぴんぽーん。

    イヤな予感はしましたが案の定
    玄関に学年主任と教頭が立ってました。
    えーと。
    あのー。
    ねまきでごめんなさーーーーーい!!!←着替えてるわけがない。

    「迎えに来ました」と
    登校拒否児童のような手厚いお迎えでした。
    そして昨日のことについて
    「あの教師が配慮のない発言ばかりして・・・やかましく叱り付けておきましたから・・・」
    と平謝り。

    昨日の謝罪を聞いている限りあの教師に反省の色はまったく見えないこと。
    他の先生方はよくしてくれていると娘も私も感謝していること。
    しかし他の先生方のために女性教諭の所業を許しても何のためにもならないと考えていること。
    (この女性教諭は娘の部活動顧問であり、その際にも諸問題を起こした経緯あり)
    他の先生方を巻き込んでしまい申し訳なく思うが、学校側の指導不足の感は否めないこと。
    これにより教育委員会等への上申を視野に入れていること。
    などを話し
    昨日担任に語った「せにゃいかん我慢・せんでいい我慢」の話を再度話し
    今日は登校させない旨を伝え、お詫びしてお引取りいただきました。

    あ、やっぱりお菓子はウチに来る前に食べてたのを学年主任が見ていたそうです。
    そこからおかしいだろ、まったく・・・。

    ・・・。


    考えています。普段バカとボケと下ネタばかりがうずまく脳みそをフル回転し。

    頭に血が上って理にかなわないことを吠え立ててはいないか。
    冷静に自分がしていることを客観視できているか。
    第三者視点から見たときにこの訴えは正当か。
    感情論でことを進めてはいないか。
    主張が二転三転し論旨がぼやけてはないか。
    どこを是正すれば防げた事案なのか。
    ことを荒立てないほうがよかったのではないか。
    教師を責める前に自分に改めるべき反省点は無かったのか。
    自らが間違ってはいないか。

    軽々しく考えてはならない教育に関わること。
    私怨や感情論で暴走してはならないと肝に銘じ
    原因のみを責め立てず
    今後どうすればよいのかと考えていきたい。

    私が絶対正義じゃないんです。
    人がした失敗をこれ幸いとばかりにつけこんで責めて達成感味わいたいんじゃないんです。
    正論振りかざして声高に自分の正当性をひけらかしたりしたくないんです。
    人は間違うことだってある。わかってる。

    だけどここでなあなあで流してしまったら

    何の具体的な対策や規則ができないままだったら

    またいつか同じ思いを誰かがするのではないか

    そこで傷つくのは自分を守ることのできないどこかの別の幼子であろう

    誰かがどこかで是正しなければならないことだったら
    このきっかけを使って私がやらなければならないのかもしれないと思います。
    自分にそんな資格があるのか、そんな偉そうなことを言える人間かと
    自分で自分に問いながら。


    とりあえず
    ねまきでスーツの先生方に相対するのは猛烈に恥ずかしかったです。
    朝起きたらすぐ着替えるようにしよう・・・(反省)

    Comments

    name
    comment
    誠司 : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 09:24


    とりあえず、すぐに謝罪なりの行動を起こす
    学校側の対応には、一応合格点あげてもいいカナと思う。
    まぁ、それはそれで当たり前の事だとも思うけどね。

    女教師の娘さんに対する対応だったり
    まおに対する対応だったりは、教師という前に
    1人の大人としても間違ってる

    少なからずまおの子供さんたちに対する姿勢とかを
    今まで見てきたけれども、共感することばっかりだったよ。
    そして今回もまおの対応は間違ってないと思う。

    今までまおが子供たちに教えてきたことが
    1人のクソヤロウのせいで、台無しにされかれないこの件。
    娘さんの気持ちを考えると、すげー心がいたい。

    ただ、ネグリジェじゃなくて寝巻きでよかった。

    アフロ : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 10:40

    ご無沙汰しています。バカ教師は全国共通でしょうか?私自身色々な事があってこれでも、こらえなくちゃいけない事はぐっとこらえてきましたが、昨年娘(中2)が教師に傷つけられた事に対してムスメと相談して3者面談の時に誤解だけは解いておこうと思っていたのですが、担任教師、私に対して会った途端に娘に言った事と同じせりふを吐きました。しかも笑いながら。つい平常心を無くしました。ムスメは、体のことで誤解を受けやすいのですが、教師が言うなよと。闘い方はいくらでもあります。私も闘いましたし、これからも必要とあらば闘うでしょう。まおちゃんと、お嬢さんが受けた怒り、悲しみ、痛いほど伝わってきました。悔しいですね・・・。教師の生徒いじめに関する話はたくさん聞きます。教師の態度、発言した言葉が引き金となって不登校になったり、うつ状態になったり、症状は、様々です。ただ、殆どの親が泣き寝入りをしていると言うこと。(子供は人質だから・・・と言う理由で)まおちゃんもお嬢さんも文章を読む限り、間違ったことはしていないと思います。これ以上理不尽なことでお嬢さんもまおちゃんも傷つくことがありませんように・・・と心から願っています。



    智子 : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 11:21

    今日一気に3~5を読ませて頂きました。この理不尽さに冷静に対処しようとされているのには頭が下がります。 娘さんが傷つく必要は全くありません。まおさんにはもう少し頑張って貰わねばならないでしょうが、お嬢さんにはいやな事は記憶から削除し、晴の日を迎えられますように心からお祈り申し上げます。

    きた : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 11:42

    翌朝すぐに自宅訪問した学校側の対応はまずまずだと思います。
    基本的な対応は及第点ですが、問題を起こした当の本人がいないのであれば意味がないと思います。

    一番の問題点は「自覚のねえドーブツに罰与えてもムダだ」ということでしょうか。

    頭に血が昇っている時に冷静にとはいえませんが、人間と思わずドーブツ(動物ではありません)だと思った方が、少しばかり気が楽になるかもしれません。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.03.15 Thu 23:02

    >誠司
    そうかしまったピンクのネグリジェで頭にはカーラーだったな。
    ごめんな、次回はそうする。私としたことが。ぬかったり。
    あ、ハンテンはさすがに脱いでった。すんげ寒かった玄関w

    >アフロ
    おお久しぶり。アフロちゃんも色々ありましょう。
    なによりあなたの心が痛んでないか心配よ。
    お子さんはいいの、アフロちゃんが愛してあげてるから。
    アフロちゃん本人に「だいじょうぶ、ちゃんとあなたは頑張っている」と
    私が言うから。いつも言うから。

    >智子
    さすがにスッキリとは卒業できないと本人がw
    ま、そりゃそうかと。これもまた世の中の不条理を目の当たりにする経験でしょうかねw

    >きた
    だめよードーブツなんて。人を侮蔑したとて何もならぬのです。
    気の合わん人はどこにでもおります。それがたまたま教師だっただけ。
    じゃどうしたらよいかと考え、教師であるからこその方法で対処したまで。

    気の合わぬ人であれ、wwwでドーブツなどと罵ってはなりませぬ。
    そのソリの合わない人間とどう折り合ってゆくかを考えることが大事どす。

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。