まいにち

    Home > 日記 > 博士の愛した数式

    2007.05.21 Mon 博士の愛した数式

    ずっと観たかった映画だったのですが
    昨日TVで放送されるということで
    フロかなぐり捨てて観ました。

    以下、ネタバレ含む文章なので折りたたんでおきます。
    続きは「More」クリック。
    これからこの映画観ようと思ってる人は読まんといてくださいねー。

    博士=寺尾聰の登場シーン。
    事故の後遺症で記憶が80分しかもたない博士が
    背広にいっぱいメモをくっつけている愛らしい姿でもう私の心はわしづかみです。ズキューンです。

    心に残ったのは
    家政婦である深津絵里が言ってしまった言葉で
    傷つく博士
    そしてそれを見逃さず気付いた息子が
    母親に対し怒りをあらわにし帽子を払いのけ
    だけどそれをそのままにせず
    自分がしてしまった過ちにちゃんと気付き
    博士に対して人としてしてはいけないことをしてしまったと過ちを認め
    息子に対して真摯に詫びる母。

    観終わったあとにフロに入ってこのシーンを思い出しては
    傷ついた博士の心を思い
    それを見て母に対し無言で怒る息子の気持ちを思い
    胸が痛くなりました。

    よい映画でございました。
    ラストシーンの「くしゃくしゃくしゃっ!」が
    もんのすごく嬉しかったです、わたし。

    今年観た映画はこれで3本目ですが
    「世界最速のインディアン」にしろこの「博士の愛した数式」にせよ
    ハズレがなくて大喜びです。
    「ハッピーフィート」も実に可愛かったし。

    で、この映画で数学とは実に面白いものなのだなと思いなおしていたら
    高校1年生の娘が
    「隊長ーコレ分かるー?」と
    因数分解の式持って質問してきやがりましてですね
    娘が「答あるんだけど答の通りにならないのよねん」と言うので見てみたら
    元の式が微妙に並び変わってるだけで全然分解できてない解書いてやがりました。
    途中の式でも「なんでこの3つあるbcが一個になるのかワカラナス」ってお前
    カッコの中に+bcがあってカッコの外にbcが二つあるんだから
    カッコ外しゃ-bcでしょーが!bc一個になるやないかい!
    お前が引っかかってんのは数学以前の足し算引き算だあ!

    自分で解く数学はパズルのようで楽しいものですが
    他人が解いて間違った数学をどうにかするのは
    ウォーリーを探せにも似た苦行だと思います。目がちりちりします。
    というか私が教えられる数学は今年で限界だと思います。←数Ⅱ無理。
    博士んちに娘を下宿させたいんですが誰か斡旋してくれませんか。←現実逃避。

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可