まいにち

    Home > 日記 > 「いただきます」

    2007.11.08 Thu 「いただきます」

    我が家全員クセになってるのですが
    ごはんの前に全員で手を合わせて
    私が「せーの!」と号令をかけてから
    家族全員で「いただきまーす!」と高らかに宣言してから食べ始めるのです。
    これがもー本気でクセになってるもんで
    ドコ行ってもやっちゃうもんで
    外食してても元気に「せーのっ!いただきまーす!」だし
    人が来てても「せーのっ!いただきまーす!」だし
    (うちで一緒にゴハンを食べた人にはもはやおなじみの光景かと・・・)
    多分友達にはすっかり伝染してるんじゃないでしょうか。一緒にごはん食べると私の号令待ってる気がする(汗)

    これには私なりに理由があって
    ごはんというのは他者の命を「頂く」のであって
    命を絶って自分の血肉にしようというのだから
    消えていった命を決してムダにすることなく
    残さずに全部おいしくそして有難く「頂きます」と
    今ここにあるごはんに感謝する気持ちを常に持たねばならないなと思っているからなわけです。

    ここからは昔々の日記(このブログじゃないです。HP運営初めてはや8年なもので)でも書いたことがあるので
    昔からの読者の方には見覚えがある話かもしれませんが再掲。

    以前まだ結婚しているときにですね
    元夫が仕事から帰ってきたら
    常に無く疲弊して憔悴しきっておりました。
    なんかあったのかと聞いてみたらば
    その日の現場が牛の屠殺場だったのだそうです。

    「もうねえ・・・屠殺部屋に牛連れてこうとするとね・・・すげー声で鳴くのよ牛が
    顔見たら本当に泣いてるのよ!涙流して!
    そんで連れていかれた牛の声がずっと響いててさぁ・・・
    ターン!って音が聞こえたらもう叫び声は聞こえないの・・・
    あの声聞いてたら俺もう牛肉食えない・・・」

    涙を浮かべてつらそうに語る元夫をねぎらうように
    私は優しく語り掛けました。

    「さぞや気持ちへこむ仕事だったろうによく頑張ったね。お疲れ様でした。
    ところでそんなあなたにお知らせがあるのですが
    今夜の晩飯はそんな現場だったとはつゆ知らぬ嫁が精魂込めて作った

    牛丼なわけなんですがどうよこの空気読まないっぷり

    元夫「マジでかーーー!?ちょ待ってマジ俺無理食えない絶対無理無理無理!」と叫びますが
    そこで私一喝
    「なに言うだ!もう調理しちゃったこのウシ肉さんどうするです!
    あなたが食わなきゃ残飯直行ですぞ!
    泣き叫びながら殺された挙句食ってももらえないウシさんの立場ってもんは!
    そんな殺されておいしいロースやカルビやバラになっちゃったウシさんを不憫と思うならば
    なおのこと今ココにある肉は余すところなくおいしく食い尽くして
    オノレの血肉にしてやらねばウシさんの命にどんだけ失礼ってなもんなんだい!?
    食え!感謝して有難がって食いやがれ!
    現場を見たからこそ余計に有難さ増すだろが!さあ大盛りだウシさんに感謝を述べて食え!」
    しばし苦悩していた元夫でしたが
    「分かったよ!食うよ!ああ食うさ!ウシさん有難ういただきます!ちっくしょー美味ぇーー!!」
    とおたけびながら半泣き(マジで目うるうる)で大盛り牛丼かっ食らってました。

    人間っちゃそういうもんです。かわいそうだから食わないとか言ってたら
    既に食肉加工されたウシやらブタやらトリやらは無駄死にだし
    かといってベジタリアンになりゃいいって単純な問題ではないわけで。
    動物は殺しちゃダメで植物なら殺していいのかという話になりますんで。
    結局のところ他者の命を頂いて自らの命繋ぐイキモノなわけですから我々。
    そんなら殺した命に感謝しておいしく残さず食い続け
    自分が屠った命に対して絶対に失礼がないように
    懸命におのが命を大切にし
    終わりの瞬間まで懸命に生きるしかないと私は思うわけです。
    自分の命を粗末にしたら自分が食ったモノらの命はそこでムダ決定ですから。

    命ってのは他の命の上に成り立ってます。
    人間のエゴと言えばそれまでですが
    エゴだろうがなんだろうが私は現実に今生きていて
    食わなきゃその生命は維持できない以上
    食う以外の選択肢はもはや無いのです。
    そこにキレイゴトは何も存在しない。生命維持のために食うことにいちいち罪悪感じては生きていけない。
    だからこそ感謝だけは、絶対に忘れてはならんと思うわけです私はね。
    ちなみに自分が死んだら食肉加工でもなんでもして食っていただいて欲しいところですが
    生憎誰も食い手がいないと思いますので(脂身豊富でさぞや煮込みにピッタリでありましょうに・・・)
    とりあえずドナー登録してあります。使える部分があったら思うさま使ってくだされ。

    子供らにもそういう話は常からしてありますので
    基本的にこやつらは食い物を残すことはありません。
    好き嫌いはあれど出されたらヒーコラ言いながらも全部食います。
    そして絶対に「いただきます」「ごちそうさま」を忘れません。

    命をいただくのだから感謝をする。
    そのことを忘れないように必ず全員で「せーのっ!いただきます!」
    それが我が家のデフォルトです。
    今日のごはんもおいしかったです。
    山盛りきっちり全部食いました。
    ごちそうさまー。




    食う直前まで鬼下痢で7回ばかしトイレに駆け込んでましたが残さず全部食いました。
    ほらー出されたごはんは全部食べなきゃだしー!<相変わらず学習しない女。

    Comments

    name
    comment
    ごあ : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.08 Thu 08:09

    昨夜の晩御飯は吉牛大盛つゆだく♪<挨拶
    「いただきます/ごちそうさま」は大切ですね
    今のお客さん先に行って食堂でお客さんから
    「ちゃんと『いただきます』って言えるの偉いな?」って言われました。
    小さい頃から言ってたので何も感じませんでしたが、冷静に食堂を見渡すとみんな無言で食ってるんすよね~
    命をいただいているって感謝と調理してくれた人への感謝を忘れずに生きていきたいです。

    結論:土曜に作ったハヤシライスが鍋いっぱいで火曜までかかって完食
    →傷んでいたようで火曜夜から水曜にかけて腹下した。
    →腹減ったので水曜夜に吉牛大盛
    →それでも足らないのでコンビニへダッシュしておにぎり等購入&食す
    →今朝胃もたれ…orz

    理亞 : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.08 Thu 09:04

    お米のひとつぶひとつぶに7人の神様がいてー…
    なんて説教はされたことがないですが、親戚に農家(畜産だったけどね)さんが居たために年に1度は食べ物のありがたさに感謝しましたよ。
    いえね、毎年届くんです。ジャガやらカボやら肉やらチーズやらが!!
    肉牛さんと乳牛さんを育てていたおうちだったから、遊びに行くと子牛さんがいっぱいいて…でもおじさんに「この子はハムになります」とか言われたら泣きそうになったなぁ…。こんなつぶらな瞳の子牛さんなのにー!
    でもその時に似たようなことを言われましたね。
    無駄死にはさせちゃいかん。人間も、動物も、植物も。

    dekao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.08 Thu 11:19

    ここんとこ胃薬と友達なdekaoですが、昨夜帰宅して胃薬飲んだ直後
    「ご飯だよ~♪」という彼女の声♪
    えぇ! 一粒残さず食べましたともさ(笑)感謝の気持ちを込めて♪
    ちなみに、わが家でも「いただきます」と「ごちそうさま」はデフォです♪

    ふみ : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.08 Thu 14:42

    高校生の時に校外実習でと殺場に行きましたよ。
    友人は暫く肉が食べられなかったようですが、私はもりもりいただきましたよ。
    まおさんが仰るように“命はありがたく頂かなきゃダメ!”と祖母から言われていたので・・・

    以前1人で飲みに行くお店で「いただきます」と言って食べ始めたら、隣に座っていた人に「お!エライね」と言われたことがあって、「なぜ“エライ”なのですか?」と聞き返したことがありました。
    飲み屋さんで「いただきます」って言う人少ないんですねぇ。
    私には当たり前のことだったんですけど・・・

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.08 Thu 23:49

    >ごあ
    吉牛に一回しか行ったことの無い私がきましたよ。
    なんか・・・しょっからくて・・・全国なお味に対応しきれずw(醤油が甘い宮崎県)
    てゆーか下痢すっと腹減るよね!よねっ!w

    >理亞
    いいねージャガとかカボとか肉とかチー・・・はいいや(好き嫌いすんなオレっ!)
    親戚に農家がいないので、もっぱらお友達に色々いただいております。
    どれもこれも有難くいただかねばね。命だもんね。

    >dekao
    昨日娘が「すんげー胃が痛いーーーっ!」
    今日私が「すんげームカムカして気持ち悪いーーーっ!」
    二人とも食ったら治りました。えぎれ母子w

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.08 Thu 23:49


    >ふみ
    そういうところは滅多に見る機会がないものゆえ
    お子様にはぜひ自分が食ってるものが何かということを
    それは命だということをぜひ見せるべきだと私は思うのです。
    そりゃあショックを受けて、もしかしたら食えなくなる子もおるやもしれんが
    それを乗り越えて「食」っつーもんは命をいただくことであると雄々しく食うことを
    きっちり学ぶことが大事だと思うのですがいかがでしょう教育関係者の皆様。
    自分なりに「生きる」ちゅうことにおりあいをつけるいい機会になるんじゃねーかなと。
    そしたら自殺者も減りゃせんかの。どうかの。
    おばあさまの教え、すばらしいです。どうかそれを脈々と受け継がせてください。
    我々大人のつとめだと思うです。そういうことを次世代に繋ぐことが。

    たな : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.09 Fri 08:57

    喰いタンで同じような場面がありました。
    人間も食物連鎖の一員なので、自分達よりも弱い生物を食べて生活しています。(ただ知能が他の生物よりも発達しているため、道具を使って強い生物でも捕まえることが出来ますし、自己防衛等により食べられるのを防ぐことはできますが)

    どこかの小学校で「豚を飼って大きくなったら食べよう」という話があったのを覚えていますか?批判もあったみたいですけど、考えることを教えるには良い教材だと思います。

    それにしてもよりによって牛丼^^;

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.09 Fri 15:50

    「食卓に並ぶまでにどれだけの手がかかっているかを考えて感謝して食べなさい」と親に言われましたー。んでも命をいただくということは最も感謝しておかねばならないところですよね。
    自分の子供にそれをきちんと教えていこうと思います。

    それにしても、抜群のタイミングでの牛丼でございましたねww

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.10 Sat 03:21

    >たな
    ドラマのほうかな?原作のほうかな?未読ですごめん(涙)
    でもちょっと小学校でブタ飼ってたのを食べるのはキツすぎますよ。
    そういうのが自分が小学生だったら受容できるか?って考えてみ?
    やっぱね、物事は「わかる時期」っての絶対あるから。
    教えるにもね段階踏まないとダメだと母思う。

    にしてもねーホント牛丼ありえないタイミングだよね!w
    これ本当だから!誇張ナシにマジだから!元夫今もその話すると涙目!w

    >きゃうー
    そうなのよねえ、いただきますの意味って色々とらえ方あるけど
    私はすべてに感謝方式とってます。命にありがとう、作ってくれた人にありがとう、やっぱきゃうーご両親の言うとおり「どれだけの手がかかってるか」ってことで間違ってないと思うな。うん。

    ほんっと我ながら呆れたこの空気読まないっぷり!w
    話聞いて「・・・うわー晩飯メニュー言いづれー!」と内心思ってたw

    たな : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.10 Sat 09:28

    >喰いタン

    ドラマでしか見てませんね。
    命があるものを食べるという行為を改めて考えさせられました。

    ブタさんの話はここに詳しく書いてありました。http://blog.livedoor.jp/zarutoro/archives/50252814.html

    私は現在26歳です。ゆとり教育の影響をほとんど受けなかった世代です。(週休二日はありましたが)
    この授業が無駄だと言うことは決して無いと思います。
    命の大切さを教えるには適したものだと思います。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.11 Sun 01:56

    >たな
    私「この授業は無駄」って言ってないけど何故に無駄って言葉が出てきたんでしょう?
    同じ主張になるんだけどね、「物事にはそれが分かる時期」っていうのがあるんですわ。
    紹介いただいたブログにあるように、モンゴルの子は羊をバラせますでしょう。
    中国人は犬を食せましょう。
    ただそれは幼き頃から学んできたことがありましょ?
    現代の日本人の子供にはその「育てる食う」という下地がもはや皆無です。
    まず間違いなく家庭でそういう教育はされていない子供が多数派と思われます。
    そこで愛情こめて育てたブタさばいて食えつったって
    そりゃ泳いだことのないガキをダイビング用プールに突っ込むようなもんだと私は思う。
    まずはコメ作って食うとこからいっとけ日本の小学生はw

    つづくよ。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.11 Sun 01:57

    ここでも別のコメントで述べたことと同じことを言いますが
    二元論で決め付けられることなんて、世の中そうそう無いもんですよ。
    頭で分かっていても出来ないことなんて大人の我々だって沢山あるでしょ?
    大人の我々だって「食糧難だから大事に飼ってるペット食え」と言われたらひるむでしょ?
    大人だから無理矢理「ごめん!」つってさばいて料理しておいしく食えるでしょうけども
    今の日本の子供にそれを受容できる力は育ってないと私は母の立場から断言します。
    母として、『小学校で』その授業は、私は望みません。(※小学校強調)
    大切なことであれども、メリットよりもリスクが大きすぎるのです。

    まだつづくよ。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.11 Sun 01:58

    ところで、ゆとり教育の影響が無いと主張する理由は何?
    話がつながってなくて意味が分からなかったです。

    たなちゃんは別の意見にしろこの意見にしろ
    「こうでなくちゃならない!」という思い込みが強すぎる気がします。
    それは信念であり、本人にとって大切なことなのでしょうけれども
    「あなたにとっての真理を 他人が同じく真理とするとは限らない」のよ。
    誰もが26年の人生を生きてきたあなたじゃないのです。
    あなたが生きてきた26年間で大きく育った器だからこそ受け入れることができる不条理を
    過去の幼き自分に立ち返り
    はたして自分が同じ授業を受けて受容することができたか?と
    今のあなたではなく、子供だったあなたで考えてみてください。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2007.11.11 Sun 02:12

    お説教じみたことばっかり言ってしまってごめん。
    でも、たなちゃんの言葉から滲む真っ直ぐさは
    私には危うく見えて仕方が無い。
    頑なに固めた心は、硬いけれど、強いけれど、誰かを貫くし、尖った切っ先は、脆いよ。

    私は、もっともらしい言葉を書き連ねてブログ運営してるけど
    本体は小賢しくズルく卑怯でいやらしい『汚れた大人』だから
    実は物事俯瞰して見て、普段脳内渦巻いてる毒はここでは吐いてないのかもよw

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可