まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > 学校から母へ宿題

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2008.01.25 Fri 学校から母へ宿題

    息子の学校から
    「次回の参観日の授業で『生命』をテーマとして取り上げる予定です。
    お母様から『お子様が生まれた時の気持ち』と
    『その生命をお子様にどのように育み、成長していってほしいと願っているか』
    を書いて提出してください」
    というプリントが配布されました。
    娘に「お前適当に捏造しとけ」と放り投げたら「自分で書け」と突っ返され
    「正直に書けばいいじゃないか 息子が生まれたときどうだったのさ?」と問われたので
    「医者に生まれるのは昼ごろだねーって言われてよー
    そんときまだ午前9時なわけよ!
    チョー痛ェわけよ!
    んな長いことやってられっか陣痛なんざ!とか思ってよー
    踏ん張ったら10時に生まれたんで
    生まれた時の気持ちつったら

    やっりぃ!!やっと終わったーーーーーーー!!!

    だった」
    と正直に答えたら死んでも正直に書くなと厳命されました。

    自分の入学式も卒業式も
    果ては感動必須我が子の卒業式でさえも
    コンプリート全ガン寝して(←誇張ナシで全部本気で寝てた)
    垂らす涙はアクビゆえという腐ったかあちゃんから
    感動秘話なぞ出るはずもないのですが
    参観に並ぶお母様お父様そして先生生徒すべてが感涙にむせび泣くような
    一大感動巨編出産ドラマを捏造すべきか悩む夜更け。←やめんか。







    堅くてまじめな話なので面倒な方は以下スルーで。



    実際の私の出産は
    上の子のときは逆子で帝王切開
    下の子のときは帝王切開経験者と喘息患者というハイリスク出産で
    更に下の子妊娠時に喘息で使った薬が胎児に影響を及ぼすであろうと懸念され
    なんらかの障害が赤ん坊に出るであろうと予測される出産ではありました。
    なので下の子出産時は早急にお産を終わらせないといけなかったので
    吸引分娩が予定されておりました。
    朝5時に入院して10時には生み終わるというスピード分娩だったので吸引の出番はありませんでしたが。
    一番危険度が高かったのは心臓の障害だったそうなのですが
    生まれてみたら特に障害はなく
    ところがどっこい結局息子は川崎病を患ったので
    なんのこたーない生まれるときに心臓病を抱えるか
    生まれたあとに抱えたかの違いだけで
    結果は大して変わりありませんでしたとさハッハッハ。楽天家です。

    なんでいきなりそんな話を書いてるかというと
    「お気楽に笑い飛ばしながら話すエピソードにも
    実はぜんぜん気楽でもないし笑えもしない苦労があったりするが
    そんなことはいちいち言わない人がほとんど」
    ということで
    すなわち
    「誰しもそれぞれに悩み苦しみ苦労抱えて生きて
    その上で笑顔でいるのだから
    笑っている人が苦しんでないかと思ったら大間違いだ」
    ということを今一度
    ボソッとつぶやいておこうかなと思った次第。
    気配り思いやりに欠ける昨今の風潮が気に食わないもんでね。

    私がもし笑いテイストを排除して
    あったことをあったままありのままにブログに書いていけば
    それは確実に笑えない話ばかりの
    離婚して子供二人を抱えて生きていく女の苦悩ばかりになることでしょう。
    しかしそんなこたーおくびにも出しませんともよ。
    どんだけ笑える人生を送っているかだけを書きますのことよ。
    でも
    笑っている人が苦しんでないわけではないのですよ。
    そういう想像力とか
    誰かの立場に立って思いやるとか
    そんなやさしさや気配りってのが
    もんのすご廃れていってると思うのです最近。

    今言いたいのは「ハギワラさんは実は苦労してて苦しんでる」ってことじゃなくてですね
    (別に苦しんではないですご心配なく むしろ日々の笑いネタを半分くらい削ってほしいくらいです)
    あくまでも自分のことはたとえ話、例としてですね
    みなさまの周囲にいる人々に対して
    「ああ この人は笑ってるから大丈夫なんだ いつも明るくて元気な人だなあ」
    と日々思っていたとしても
    その笑顔に甘えないでほしいのです。
    周囲へピンとアンテナやらセンサーやら働かせて
    誰かへ気配りすることを
    さぼらないでほしいなあと思うわけです。

    そういうやさしい人で
    そういうやさしい人がたくさん住む
    やさしい国であってほしいと願うわけです。

    笑っている人ほどやさしくて
    周囲に迷惑かけないように
    がんばりすぎるものだから。

    そうやって誰しもがほんの少し気配りするだけで
    それは大きな力になるもんだと思います。


    日本でのうつ病などによる自死は年々増加しているという事実
    目をそらしてる場合じゃねーと思うんで。

    Comments

    name
    comment
    理亞 : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 10:32

    私を産んだ時のことを母親に聞いてみた。

    「3月3日に産みたかったのに!予定日は3日だったのに!!アンタがふんばって出てこないから13日になったのよー!!!」

    (・ω・`)生まれる前から引きこもりだったようです。
    ちなみに分娩に立ち会った姉(当時12歳)に様子を聞いたら

    「おかん、踏ん張りすぎて顔中の毛細血管が切れて皮下出血で顔が赤黒くて怖かった」

    だそうです。
    感動的秘話とかないのー!(笑)

    ***

    人間てどうしても「苦労自慢」をしたがるんだよね。
    今時期なら学生さんたちが「私今日は3時間しか寝てないの~」「オレなんて昨日徹夜で勉強しちゃったよ~」なんて会話をする感じで。

    でもさ、やっぱりさ、そこで「3時間は短いよ!オレなんて10時間は寝るね!お前ももうちょっと寝ないと体力落ちて本番に風邪でもひいたらどうすんだよ!www」とか言われたいな、と私は思う。
    自分がどれだけすごいか、ということを伝えたい気持ちはわかるけどあえてそこで相手を思いやることも忘れないで欲しいよね。

    理亞 : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 10:33

    あ、そうだ!
    最近こんなの(http://pipa.jp/tegaki/VBlogList.jsp?ID=19444)はじめました!!
    夜はかなり表示が重たいけど、暇があったら覗いてやってくだちゃいw

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 12:39

    ぎゃー!こりゃまためんどくさいテーマですな。
    けど子供達に「生命」について学ばせるのはとっても重要だし!
    ここは一発、トラウマになるくらいの感動巨編をщ(゜ロ゜щ) カモ-ン

    ってか、これは子供にとっちゃーすごくうれしい授業なんでしょうね。
    私が子供の立場だったら、やっぱり楽しみに感じますもの。
    まおさん、がんばってー(* ̄▽ ̄*)


    私が特にいやだなあ・・と感じるのは「あんたはいいよね」って言われること。人に向かってどうしてそんなことが言えるのかっていつも思うんですよねー。私のなにがわかってて「いいよね」なんて言えるのかって思いますもん。

    「あんたのこういうところがいいよね」と言われるのならとてもうれしいですけどー(* ̄▽ ̄*)

    自分も知らず知らずのうちに人に悲しい思いをさせていることもあるかもしれないし、もっと他人のことを思いやれるように日々気をつけていかなくっちゃ!と思いますた(゜д゜)!


    西馬紗由良 : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 14:45

    確かに産んだ瞬間の感想なんて、世のお母様方実はそんなものかも
    しれないと陣痛がいかに痛いかを聴かされると思う今日この頃。

     ちなみに私はクリスマスイブに生まれる予定が、何故か赤穂浪士討ち入り
    の日に前倒しだったようで・・・しかも首の周りに臍の緒がぐるぐると
    3重くらい巻いてたらしい。
    ・・・その状態の子を自然分娩で産むおかん、強し(笑)

     話変わって、笑顔の維持って、実は大変なんだよね・・・。
    特に笑いたくもないときの笑顔って、きつい。だけどここでちゃんと
    笑わないと心配かけちゃうから、傷をさらしたくないから、一生懸命
    笑ってる・・・本当に、そういう人って優しすぎるほど優しいよなぁ、と
    思います。
    得てして、そういう人ほど、自分の話をするのが下手な傾向があって。
    押し付けでなく、自然に、話を聞くことが出来る人間でありたいなぁ、と
    しみじみ思いますた。聞くくらいしか出来ないけれど。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 23:20

    >理亞
    当時3歳の娘を立ち会わせる気まんまんでいたら
    後からやってきたうちのマミーがとっとと連れ帰っていた件について。
    マミー仕事速すぎだぜhahaha☆
    ところで会社で店長が「完全オフの日が滅多にない」とボヤいていたのですが
    完全オフ日が高校生あたりからからっきし皆無の自分としては
    笑顔で「店でマンガ読んでねーで帰れつってっだろウフフ☆」と
    やんわり言うしかなかったわ♪←全然やんわりじゃない店長にタメ口のバカスタッフ。
    ブログ今後に期待w

    >きゃうー
    子供うれしいんかのぅ?私が子だったら「別に興味ないなあ 我在り ゆえに我在り」と親の感動巨編きっぱり聞かずに寝るだろうて(腐れ子供)
    「あんたはいいよね」と「あんたのこういうところがいいよね」は大きい違いですなぁ。
    きゃうーちゃんスゲエ!と思ったわw

    水穂(マンスリー乙女中) : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 23:22

    ワタシの親友が心臓疾患持ち&弟が重度の自閉症で、結婚前も結婚後も不妊治療中も子宮外妊娠の際も再度妊娠中も向こっかたの親戚に散々言い散らされてましたので。

    まぁ詳しい内容は割愛させていただきますが、彼女と彼女の旦那と彼女の両親と俺様と、がっぷりスクラム組んで笑い飛ばしてはね飛ばして生きております。

    歯に衣着せず言える&でもその人にとって触れて欲しくないところは無意識に気遣える、のが私的にベストな感じです。

     

    ちなみに彼女は見た目ピンハとか素で似合う清純系お嬢様ですが、皮1枚下はドS女王様です。ライトSの私、非常に勉強になります。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 23:28

    >さゆら
    うちのバカムスメは逆子だったのだが
    私の骨盤サイズは一般女子より5cmばかしデカい激安産尻なので
    下から産めなくもなかったというのに
    エコーの結果へその緒をショルダーバッグのように巻きつけてやがったもんで
    帝王切開しか道はないというバカヤロウでした。
    本人曰く「下向きになるなんて許せなかったのよ!」だそうです。こんにゃろうめw
    話を聞いてくれる人ってのは実に大事で、私にとって長年それはキミであったりなんかしますがほれ照れろほれほれw

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 23:37

    >非公開
    ・・・うーん。自分が子供だったとして、親にそう言われてうれしいかね?
    逆じゃね?「あんたの親で自分超ラッキー☆」ならいいけどさあ
    子が「親がコレで良かった」って思うかどうかは子供に任せたれば?
    思う感情は親のもんじゃねえし。子のもんだし。
    すげえキツイこと言うけどさ、なまじ自分が親に恵まれなかった分
    子供に対して「親とはこうあるべきなんだ!」っていう
    自分の憧れの親への理想像が固まりすぎてやしないかい?
    それは多分『キミが望む、キミが欲しかった親』であって
    これから生まれるキミの現実の子供は
    そんな親を望んではいないかもしれないよ?
    キミの子はキミの子であって
    小さかったときのキミではないからさ。

    つづくのよ。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 23:39

    キミの子が望む親がどういうものになるかはまだこれからの話で
    そのこれからの未来を今から理想像にあてはめていたら
    ギャップに苦しむかもしれないから私は怖いな。親になるキミにとっても、キミの子にとっても。
    ごめんね、いやな意見だと思う。
    同じく家庭環境にあまり恵まれていなかった身として、言われたくない部分であろうかとも思う。
    だけどなぁ子供って自分の感情とは別の感情もってる別のイキモノだからさー。リアルにそれを知ってるリアルおかんだからさー私。
    「親があたしでよかっただろ!」なんて絶対言えないもん。
    ごめんねって思うもん。いろいろと。
    私が親でなければ毎日毎日おやつを食い尽くされずに済んだであろうにと(息子のポップコーンを貪りながら)

    親がわが子に自信もって言い切れることなんて
    「なんでそんなにかわいいの!?いつまでかわいいの!?中学生になってもまだかわいいの!?高校生になってもまだかわいいの!?大人になってもじじばばになってもかわいいつもり!!??」
    くらいのもんじゃなかろうかと。ええ私、バカ親です。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.25 Fri 23:45

    >瑞穂(ヲトメ波放電よろしく←マンスリー乙女停滞中)
    わたくしの友人’Sがまさにそんなかんじです。歯に衣着せぬが気配り忘れず。
    厳しい意見も言い放つがそれでも優しいとわかる憎いあんちきしょうが揃っておりますw
    そういうのが、いいねぇ。

    ところでどうもドSに間違われがちな私ですが
    口をすっぱくして周囲に「あたしMだから!ドMだから!」と言い聞かせ行脚中です。
    説得力のカケラも見当たらないと言われるのが口惜しくて仕方ありません。
    Mなのにー!サイズはLLだけどーーーー!!

    かおるこ : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.26 Sat 17:33

    私が私の娘だったら、こんな母親イラネ!と思うかも…
    仕事が忙しいとちょっとしたことで、怒るし、
    腰が痛い、肩が凝ったと揉ませるし…(^^;ゞ

    以前のブログからお邪魔してますが、
    まおさんが、ただの能天気だなんて、これっぽっちも思ってません。
    人間ですもの、みんなそれぞれ色々あるのが、「普通」です。
    なあんにも無いように見せることも大人としてのたしなみだと思いつつ
    周りにときどき吐き出してる、まだまだ修行が足らない私ですが…<お前ダメダメ

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.27 Sun 02:02

    >かおるこ
    私が私の子供だったら毎日乱闘かと思われます。おやつの奪い合いで
    (息子のアイスを貪り食いながら)
    (娘のは無かった さすが16年私の娘やってるキャリアの分素早い)

    や、私の話じゃなくてですね
    あんまりよく知らない周囲の人ですっげーお気楽そうに見える人だって
    やぱしそれぞれなんか抱えてんじゃねえの?って
    そういう人の笑顔に甘えてるってこと無自覚すぎやしないかい?ということで
    私のこたぁどうでもいいんですw
    吐き出すことが悪いんじゃなくて
    周囲への気遣い忘れがちじゃないかい今の日本人、という話っす。

    うまいこと伝わるように話せない私こそ修行が足りません。すんません。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.01.28 Mon 21:18

    >非公開
    うー・・・。
    まあ多分きっとキミのことだから立会い出産とかになるんだろうし(断定w)
    そんときにはまた違ってくるかもしんないね。

    元気であっても、たとえ元気じゃなくっても
    ただ生まれてくれただけで
    いやさ、たとえ生まれてくれなかったとしても
    そこに確かにあった命はスゲエっす。
    コドモはおかんが「産む」んだけどもさ
    「生む」んじゃねー気がする。
    「生まれてきてくれる」んじゃねかな。うまく言えんけども。
    自分の腹ん中にこんなすげえスーパーコンピューター以上の精密な作業して人間作っちゃう機能があるなんてぶったまげだ!w

    ちょこ : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.02.03 Sun 14:18

    はぎ姉さんみたいな大人で強くて楽しい人をみるたび、あぁ私もそうなりたい(>_<)
    自分がそういう性格だったら人生いい風に変わってるんやろなぁとかよく思います☆
    けど人を羨むことはやめなきゃですよね(;´`)

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.02.03 Sun 23:56

    >ちょこ
    目を覚ましてーーーーーーーーーーーーーー!!
    目指す方向性がおかしいことに早く気づいてーーーーーーーーー!!!w
    よくよく考えたら私なぞバツイチの仕事も中途半端の人生落伍者だから!!w
    ただ「生まれたからには人生余すところなく楽しんでから死んでやろう」とは思います、はいw

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。