まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > 私の真面目な親心

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2008.06.20 Fri 私の真面目な親心

    昨日は更新せずになにをしていたかというと




    一青窈ライブー。
    いやはや、生歌すごいです。ひととさん歌うますぎ。
    やっぱ生ですよね生。来月も野外ライブ予定なので
    今からタオルを回す練習をしておこうと思います。 ←これ以上筋肉マッチョになってどうする気なのか。

    さてさて話は変わりますが
    特に努力しなくても足が速い人とか
    最初から美形な人とかいますよね。
    私は運動神経が片っ端から断裂していると思われるほどにニブいし
    努力して鍛えようにも運動したら喘息発作を誘発する体質だったので
    子供の頃は足が速い人をどれだけ羨んだことか。

    ウチの息子は色々な要因で
    文字をキレイに書くことがとても苦手です。
    普通に書いたら判読不能なミミズののたくった文字になります。
    でも頑張ってキレイに書こうと意識したら
    とりあえず読めなくはないというレベルの字が書けます。まあそれでも中学生の字じゃないけど。
    常日頃から「丁寧に書かないとどれだけ沢山勉強しててもやり直しさせるからね」と
    注意し続けてはいるのですが
    やはり日々の部活や宿題の多さでどうしてもノートが埋まればいい方式になりがちです。
    こちらとしても帰ってきてから食事とフロの時間以外は勉強しているのを知っているし
    (うちの子ら二人とも家に居る時間は本当に勉強ばっかりになってます。課題多いよな今時の子供って。)
    これ以上を求めると寝る時間が深夜1時頃になってしまい
    いかに丈夫になったとはいえ
    睡眠時間が減れば息子は簡単に体調を崩すのが目に見えてます。元々弱いし。

    勉強に手を抜こうと思ってやっているわけではなく
    与えられた課題はこなしているのですが
    文字が汚いという理由で人の倍時間がかかるのは見ていて気の毒です。
    なんの努力もなしに当たり前に普通の文字が書けて
    特に意識することもなく漢字を使った文章が書ける子であれば
    おそらく息子がやっている宿題は1時間以内に終わるのでしょう。
    だけど息子はそうはいかない。
    「きれいに書かなくては」と意識しながらノートに向かっても
    先の予測が立てられないが故に書き始めの位置からもう間違って
    なんともバランスの悪い文字がノートの罫線をはみ出してみたり
    普通ならばさほど考えずとも出てくるであろう漢字が出ず
    ひらがなばかりの文章を母に注意されては
    わざわざ辞書を引っ張り出して調べながら書いたり
    何度も何度も消しゴムで消しては書き直して。

    それでも人の能力が平等で生まれてこず
    ある程度の水準の学力や能力が求められる社会で生きていかねばならないのなら
    不公平を嘆くことは時間の無駄遣いで
    ただ淡々と努力し続けるしかないのです。

    息子がどんなに頑張っても字が書けない子であれば言いません。
    無い尻尾を振れと強要するのは無茶ってものです。
    だけど『時間をかけて頑張れば読める字が書ける』のが分かっている以上
    ぐにゃぐにゃの文字が羅列してあるノートを認めるわけにはいきません。
    たとえそれが不公平であっても
    人よりも努力することを怠っていい言い訳にはならないと
    私は思っています。

    だから今日はもう睡眠時間を削ってでもいいやと
    息子が2時間かけて書いた自主学習ノートを破って捨てました。
    ひっぱたいて叱りました。
    字を書くのが苦手なのは分かる。
    だけど「自分は苦手だからこれくらいでいいや」と努力を怠ったらそこで停滞だ。
    すごく時間をかけて意識してがんばれば読める字が書けるんだから
    だったらがんばって、がんばって、常にそれができるよう頑張っていけば
    いつかそれが当たり前のようにできるようになるんだから
    簡単に諦めて自分のレベルを下で終わらせてしまうようなまねをするなと。
    人よりも頑張らないといけないのはそれはしんどいことだけど
    そこでひがんだりせず黙ってやり続けて
    いつかできるようになったら
    そのとき手に入るものは
    人が当たり前に持ってる「普通に文字を書く」という能力だけじゃなく
    「あきらめずに頑張り続ければいつか出来るようになる」という
    生まれ持った能力だけでは決して手に入ることのない
    自分で手に入れた大切な大切な『自信』という能力なのだからと。

    たまに思います。
    私は子供に対して厳しすぎると。
    中学生の間に英検と漢検は3級までクリアしておくようにとか
    (高校では両方2級を取るよう言ってあります。娘、漢検はいけそうだが英検やばそう・・・)
    必ず運動系の部活もしくは習い事をして心身ともに鍛えるようにとか
    食事に行けばテーブルマナー、買い物に行けば公共の場でのマナー
    くだけた場であるはずのライブ会場ですらライブのマナーやエチケット
    どこに行っても口うるさくああだこうだと
    「この場で学ぶべきことがある」とくどくどと教え続けるウザいっぷりで
    私の子でなければ、ここまで高いレベルの要求はされなかったであろうと
    我ながら申し訳なく思うことあります。

    おそらく理解してくれているとは思います。
    子供らが私のことを好きで、かつ尊敬してくれているのわかります。
    だけど厳しすぎてしんどいこともあるだろうなと心配にもなります。
    それでも緩められない。
    なぜならば
    私はずっと子供らを守ってあげられないから。
    いつか巣立っていくから。
    そのときに子供らがしんどい思いをしなくていいように
    私は武器と防具を装備させてやりたい。
    武器はあらゆる場面に対応できるさまざまな能力。
    防具はその能力を裏打ちする「自分は頑張ってきたから大丈夫!」というゆるぎない自信。
    それさえあれば大抵のことはなんとかなると思うんです。
    結局がんばらなきゃいけないのは子供ら自身なので
    私はその「がんばれる環境」を整えてあげることしかできないから
    ひたすら尻を叩いて厳しく叱って時にはひっぱたいて
    終わったら「よくがんばった!」と褒めちぎってやるくらいなんですけども。

    そんなこんなでフロも入らず宿題のやり直しをまだやってる息子にお付き合いして
    私もフロに入らず息子を眺めながらブログ更新している午前1時です。
    子供らが寝ないとフロに入らないし寝ないのがポリシーなので
    自分が寝るのは3時ぐらいになると思うけど、いいの、それでいいの。

    母、だらっだらのろくでなしのくせに妙に生真面目で厳しくてごめんとは思うけど
    思うけど

    ていっ。←ちょっと遠くを見てサボっていた息子に回し蹴り。←ごめんと思ってても蹴りは入る。

    とりあえず今日晩飯食べにうどん屋行って
    誰も何も言ってないのに
    食べ終わったあと食器をきれいに重ねて返却口に持っていき
    店員さんたちに向かって大きい声で
    「ごちそうさまでしたー」と言い
    数人いる店員さんと目が合うたびに笑顔で頭を下げた子供ら二人を見て
    まあこういう教育方針でもいいんじゃないかなとは思いました。

    Comments

    name
    comment
    dekao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.06.20 Fri 14:15

    …ちっと泣きそうになった。
    俺も将来ガキできたら
    キチンと「ありがとう」と「いただきます、ごちそうさま」が言えるよう育てよう。

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.06.20 Fri 15:13

    ちょっと凹んでたのー(T▽T)
    わが子が一歩前進したと思ったとたん、周りは5歩くらい前進していくのを
    目の当たりにするのってどうしてこうもしんどいんだろうって。
    割り切ってるつもりなのに、やっぱり理不尽に感じてしまう時もあって、
    そう感じてしまう自分にもイヤになって、
    負のサイクルにどっぷりとはまりそうになってます。

    そんなこと悩んでる時間あったらやれる事からとりあえずやる!
    そういう気持ちでやっていこうって思ってるのに
    どういうわけか何度も凹むんですよね・・・修行が足らんなー(T▽T)

    まおさんのおかげで気合入れなおせました!ありがとう!!

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.06.24 Tue 03:48

    >dekao
    ただいまおかえりも必須でw
    人に感謝できて世の中に感謝できて
    最終的に人生に感謝できて
    生まれてきてよかったありがとうって言える人生が送れるような
    そんな下地を作ってあげれたらいいなあと。

    つまりドコに行こうが他人がどうだろうがフリーダムに楽しめるひとり上手になれと。最終形態はドアラだということか!?(驚愕

    >きゃうー
    うちは前進しねーんですがどうしましょうかw
    ほんとにねー、理不尽だなと思うよねー。
    ぶっちゃけ自分カワイソスだと思っちゃうのに
    「いや!自分カワイソスとか思っちゃいかん!おかーさんなのにそれじゃダメじゃん!」って
    自分をかわいそがることすら自分で禁止しちゃったりしてなぁw
    もうさーいいとか悪いとか知ったこっちゃねえんで
    「おまえのせいでお母様超カワイソスでお疲れよ!気の毒だと思わんかー!?」
    と大々的に子供しばいてしまっても別にいいと思うのハッハッハ。
    ダメ親で結構。そんで一通り暴れたあとに
    「双方ダメということで今後の方針について考えようじゃないか」と正座して話し合えばお互い様ということでw

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.06.24 Tue 12:22

    日々牛歩の歩みがごとく・・・(:D)| ̄|_
    最終的にめざすは蒼い有袋類ということで!!>え?

    何度でもへこたれながらもこれまでなんとかやってきたんだからこれからもどうにかやっていくだろうと思うことにして
    日々ドアラに癒されながらがんばっていきましょおおおねえええええっ(T▽T)

    hagiwara@仕事ちぅ : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.06.26 Thu 11:23

    >きゃうー
    息子と部活一緒のママンらと昨日会合があったのですが
    うちの息子をカワイイだの女の子っぽいよねだの言われまくったので
    「うちの子って、ドアラに似てますよね」と言ったら
    ちょっと戸惑われ、しばし考え込まれ
    「・・・なんか分かるー!」と納得されました。

    うん、私の好みのタイプって、結局息子w

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。