まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > ハギワラ家の夏休み前半ドカンといっとけイベント

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2008.07.27 Sun ハギワラ家の夏休み前半ドカンといっとけイベント


    一家+元夫(荷物番&出店買出し担当)で行ってきました宮崎の夏の野外ライブ!
    その名もPHENIX JAM NIGHT! ※公式サイト → ココ。

    この宮崎の夏の恒例野外ライブは
    どうしてだか毎年毎年おもしろいほどに雨or台風に祟られるというイベントでして
    今日も例年通りお昼には雨がどざばーと降ったりおそらがまっくろだったりと
    天候不良きわまりないカンジだったのですが
    息子が「よしわかった!てるてるぼーずをつくるよ!」と
    イベント2時間前にてるてるぼうずをこさえて家の観葉植物に飾って
    全員で拍手を打って「どーか雨は勘弁してくだせえ!」とお願いしたところ
    夕方にはすっきりさっぱり晴れ渡ってくれました。
    しかも雨の後だったので地面はほどよく冷え吹き渡る風はひんやりと涼しく
    若干かかる雲が日差しを遮って
    こんなにコンディションのいい野外ライブは無いだろうという
    近年まれにみる最高の条件に恵まれました。
    よかったーコドモらの初野外が過酷な気候じゃなくて。運が悪いと猛暑で熱中症免れないシロモノだし。

    さてさて今日の出演アーティストは
    これまた我が家が揃って大注目していた方々が揃い踏みでして
    こんなに豪華なのにひとり5000円でホントにいいの!?と叫びたくなるくらい
    実に我が家好みでございました。
    特に絶対ハズせないのがDragon AshとMicroとそして今大ブレイクのキマグレン!
    本当はACIDMANもはずしたくなかったのですが、ライブ前の予定が詰まっていたので
    どう頑張っても開演時間には間に合わないのが分かっていたし
    しかもチケット忘れたバカがいて(ん?当然アタシですよバカは★)一度家に戻ったりしていたので
    到着してプログラム見たらもうACIDMANは演奏が始まっておりましたの。しくしく。←若干自業自得。
    演奏が始まってしまうと『かぶりつきゾーン』には入れませんので
    周辺のステージが見える位置にレジャーシート敷いて
    うしろの皆様のお邪魔にならない程度に音楽に乗ってゆらゆら揺れておきました。
    まさかの「赤橙」が始まったときには興奮しまくり。ACIDMANを知るきっかけになった曲だもんで。

    んで音に揺れつつ物販ゾーンに向かって
    野外といえば必須のタオルを購入しなくちゃと思ったのですが
    どうやら今回のライブではイベント自体のオリジナルタオルなどのグッズ販売は無いようで
    各出演アーティストそれぞれの物販が並んでおりました。
    通りで観客が首に巻いてるタオルがやたらDragon Ashなわけだ。納得。
    でも「ケツメイシ」と書いてあるタオルの人はちょっとだいぶ相当違うと思うんだ。おもしろいけど。
    そんで「買うならキマグレンがいい」とキマグレンのブースに向かいまして
    「タオルありますかー?」と訊いてみたら
    「ごめんなさいー売り切れですー今はもうTシャツだけになっちゃって」と言われました。
    まぁそれならTシャツを買いましょうと娘と何色にするかサイズはどれにするか
    XSはどう考えても無理だろうなどと話していたら
    売り子のおねえさんがテント軒先にぶら下がっていた見本のXSを取ってくれて
    「大丈夫だと思う!」と言ってくれたのですが
    冷静な娘が「本体は大丈夫かもしれんが!二の腕が!二の腕が入りませんッ!」と叫び
    実際に当ててみたらなるほど一同無言で納得。娘カワイソス。
    潔くMサイズを購入することにしてお金を払い
    売り子のおねえさんが見本のTシャツを元の位置に戻そうとするも
    小柄な愛らしい方だったので微妙に届かず
    娘がどうにか引っ掛けようと試みるもこれまた届かず
    「ええいおどきなさいこのちっちゃいものクラブども!」と
    ヒールありで170cmオーバーのデカ女のわたくしがTシャツを手に取り
    身を乗り出してテントの軒先にTシャツをひっつけましたらば
    そのテントの横のCDを売っているブースの中の人と目が合いまして。
    その目が合った男性は。


    キ マ グ レ ン ご 本 人 。


    わかりやすく言えばギター持ってるほうのISEKIさんが居らっしゃいました。
    ぐわ、なんて素晴らしいタイミング。
    しかも周囲に人はまばらなので
    これは当然サインをいただかねばなりませんでしょう。
    ただサインをもらっている人たちはみなCDにサインです。
    そして生憎我が家は既にCD入手済みで車でヘビロテ中。
    ちょっと不安になったので「Tシャツにもサインしていただけますか?」と尋ねたら
    「もちろんです!」と元気に答えていただけました。
    しかしその購入したばかりのキマグレンTシャツを見て全員フリーズ。

    「・・・紺のTシャツだとサイン見えねくね?」

    ISEKIさんが「黒以外のペンないー?」とスタッフの皆様に訊いてくれたのですが
    そらま無いよねあはは。すいませんすいません緑とかピンクとか買えばよかったんですが!
    んでISEKIさん何かひらめいたご様子で
    「ここでどう!?」



    左胸のちっちゃいキマグレンのキャラのプリントんとこにプチなサインを書いてくれました。

    ISEKIさん 「いけんじゃーん 良くね?コレ良くね!?」

    いいと思います。

    さすがにちびっちゃいと思ったのか
    ちゃんと本体のほうにも大きくサインしてくれたのですが


    やっぱ見えないかもw

    しかしまさかご本人と接近遭遇できるとは全く思っていなかったので
    もーコドモらも自分もテンションあがるあがる。
    レジャーシートに戻ってTシャツを大事に大事にしまいこみ
    かぶりつきゾーンに突入です!
    ※息子はまだ身長が足りず人ごみに埋まってしまったのでレジャーシートに退却。元夫と外側観覧。

    Dragon Ashのガチガチの演奏が鳴り響く中
    「見えないなあ」と困る娘の後ろのおにいちゃんが「前くる?」と譲ってくれたので
    「まじで?ありがとう」とお礼を述べたらば「うん500円」と言われ
    「金とんのかよ!」「取るよー!」などとホホエマシイやりとりしたり
    (その後そのおにいちゃんら3人組は娘がむぎゅむぎゅされないよう後ろと横をガードしてくれてました)
    (結構ちびっこと思われていたモヨウ)
    息子と同じくらいの身長のこれまたコンパクトでかわいいお姉ちゃんが
    ステージは見えないわ埋まって苦しそうだわだったので
    若干見やすくて空間も空いてる自分の前に出してやったりしてて
    しまいにゃ「見えるー?」「みえないー><」という会話ののち
    「しゃーねーな これでどーよ!」とひょいっと抱えちゃったりなんかして
    「キャー見えたー見えたー!ありがとー!」なんてことまでして
    実に仲良くほほえましい野外ライブっぽい連帯感を満喫しまくりました。
    そうそう、わたしゃ気付かなかったのですが娘いわく
    コンパクトちゃんの連れの皆様から「きゃー!オットコマエー!」と賞賛を浴びてたらしいです。
    相変わらず女子にだけはモテまくるというのに
    何度探しても自分の股間にちんこがついてないのが納得いかない。

    そのままかぶりつきゾーンに居残って
    ちょっとだけ前に進んで次のMicroに備えます。
    しょっぱなから『踊れ』でテンション激UPです。
    んがしかし
    基本的に宮崎の人はあまりモッシュモッシュでむんぎゅむんぎゅになったり
    ダイブダイブしてゴロゴロでゴキゴキでイタタタになったりしない控えめな県民性で
    今回の野外はそもそもモッシュもダイブも禁止だし
    MCさんが「前の人を絶対に押さないでくださいね」と注意したら
    ほんとに誰も前の人を押したりしないし当たらないように気をつけてくれるという
    実におぎょうぎのいい(裏を返せば盛り上がりにくい)人々ばかりなのですが
    娘っこの隣がちょっとワインを一本カラにして元気に盛り上がっちゃった系の
    ぐでんぐでんの兄ちゃん二人だったもので
    ふにゃふにゃするわ幅広くぐねぐねしたりするわカラになったワインのビンをふりふりするわで
    それから娘っこをガードしたり結局場所を代わったりしていたので
    ぶっちゃけ気が散ってあんまりステージに集中してませんでした。これはまあ当然のことなのでOKです。
    ダンスがすげー上手かったのは堪能させていただきました。
    あとやっぱ演出うまい。さすが数々の大舞台こなしてきただけはあるなと。

    夏の野外ならではの豪華な花火があがり全員で「たーまやー」と拍手したのち
    お待ちかねトリのキマグレンの登場です。
    正直トリにデビューして間もないキマグレンが来るとは思ってなかったので
    やはりオリコン初登場一位のブレイクっぷりはハンパないんだなあと思いつつ
    インディーズのころからチェック済みだったので
    周囲の盛り上がりに嬉しくなりながら自分もオラオラと娘を安全そうなゾーンに匿いつつ
    きゃっほきゃっほと飛び跳ねておきました。
    とにかくもうステージに出てきたKUREIくんがしょっぱなから満面の笑み・笑み・笑みで
    見てるこっちまで嬉しくなり
    そらテンションあがるのなんのってもう。
    前列から7番目あたりのどセンターに居たのですが
    なんでだか今日の観客は妙に小柄な人が多く
    若干ヒールありのサンダルを履いて170超の私は相当にデカくなってしまい
    頭ひとつ飛び出てる格好になってましたので
    真正面にいるKUREIくんとばっちばち目が合いまくりでした。
    そのたびウンウンと頷いては更にくしゃくしゃになった心底嬉しそうな笑顔を向けてくれるので
    こちらも嬉しくなってしまうという幸せの連鎖。
    多分キマグレンのお二人は
    宮崎にキマグレンが浸透しているとは思っていなかったのじゃないでしょうか。
    『あえないウタ』で全員が「シャーラー シャララーラー」と歌ったら
    とても嬉しそうにしてくれたので。

    最後の曲『LIFE』で
    観客全員がサビを大合唱しました。
    群集の中に居る我々は自分の声がかき消される感じになるので
    ステージの上にいるキマグレンの二人にこの声が届いているか分からず
    「わたしたちこの歌を知ってるんだよ!ほら!歌えるでしょ!?」と伝えたくて
    届け!届け!とみんなが手を振り上げ声を張り上げ必死に
    みな幸せそうな笑顔で
    ひたすらに同じ歌と同じ思い
    「わたしたちキマグレンが好きだよ!来てくれてありがとう!」を共有して
    前へ前へと歌い続けました。
    そしたら。

    客席にマイクを向けていたKUREIくんが
    感極まった表情で声を詰まらせたのです。
    口元を手でおおって
    その手を少し震わせて。

    あ、伝わった。

    あとで外周に居た息子と元夫に訊いたら
    すんごい大合唱になってたらしいです。
    もう会場にいる人で歌ってない人は居ないくらいの勢いで
    空気が揺れるほどの素晴らしい一体感だったんだそうで。

    そして曲が終わったあと一斉にみんなが叫びました。
    「ありがとうー!」
    やっぱり思いはみんな同じでした。きてくれてありがとう。こんなに喜んでくれてうれしいと。
    そして怒涛のようにアンコールの手拍子が続きました。
    残念ながら時間が押しまくっていたし
    ワンマンじゃないからアンコールもあるわきゃないので
    MCさんが出てきて終幕とあいなりました。
    でも無いと分かってても思わず全員がアンコールしちゃうくらい
    とんでもない盛り上がりだったことは確かです。
    かぶりつきゾーン以外で座って見ていた人たちも
    最後には誰一人座ってなかったそうなので。←息子と元夫情報。
    気候もよく環境もよく周りの人々もみな楽しく
    私が今まで行ったライブの中で最高のライブだったかもしれません。
    野外ライブ初子供たちのはじめの一歩がこんな最高の舞台だったことがとても嬉しいです。
    それを提供してくれたアーティストの方々とスタッフの方々に
    心から感謝を。


    さて問題です。
    今日の元気な飛び跳ねライブで三十路後半の肉体を酷使した私の筋肉痛は
    果たして何時間後に訪れるでしょうか。
    ※参考:『三十路の筋肉痛は36時間後』が昨年までの私のデフォルト。

    Comments

    name
    comment
    かおる : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.07.29 Tue 02:57

    素敵な野外ライブだったようで、読んでいてこちらまで楽しくなりましたー。

    さて、筋肉痛。
    40時間~48時間以内に訪れると予想。
    私は先日久しぶりに運動をして2日後から暫くギクシャクした動きをしていました(笑)。<もうすぐ36才

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.07.29 Tue 07:54

    筋肉痛がこないに一票

    最近どんなに激しく運動しても筋肉痛がこないくせに、関節にはバッチリダメージを食らう35歳児の意見っす。(T▽T)

    dekao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.07.30 Wed 10:39

    …キマグレンを聞いた事が無いくせに
    聞きたくなる今日この頃。
    まだ筋肉痛は翌日にくる39才の意見。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.07.30 Wed 22:26

    >かおる
    とにかく気候が最高でしたー。夕涼みから星空そして花火そののちキマグレンと盛り上がり最高潮でw

    >きゃうー
    関節は来ないけど末端がいうこときかなくなってきたw

    >dekao
    洗脳されてみる?(おすすめ楽曲をピックアップしつつ)



    さて筋肉痛ですが
    翌日にちようびの夕方に「あっ足が重い!」と感じ
    そのまた翌日月曜日に「ぬおっ肩がおかしいかも!」と感じたのですが
    月曜日のオニのような忙しさで走り回っていたら
    筋肉痛をほとんど感じないままに流れていってしまいました!

    つーわけで答は「一応24時間後 でもプチ」でしたw

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。