まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > たぬこ > 【自分用】たぬこ保護から現在までのまとめ【備忘録】

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2008.10.30 Thu 【自分用】たぬこ保護から現在までのまとめ【備忘録】

    10月15日
    テスト期間中午前授業、午後から図書館で自主学習に出かけた娘より夜7時ごろ「拾った!」と電話。
    すぐさま夜間診療動物病院に猫保護の連絡、30分後には診察に行くと予約をいれ、キャリー(クーラーバッグとも言う)に爪が引っかからない毛足の厚手のバスタオル・ウェットティッシュ・ビニール袋を詰め込み保護場所に向かう。

    ・たぬこの様子・・・右目目やにで塞がれている。瞬膜の腫れと目の周りの腫れが見られる。
    くしゃみ鼻水。サイズ的には1ヶ月から2ヶ月と予測。元気あり。

    病院にて目やに除去・フロントラインスプレー全身に噴霧。
    体重250g(でもなんか計り方が怪しかった・・・w)
    ノミ多数。特に尻尾付け根にノミのフンが大量にあり、毛ごと固まっている。
    医師より与えられた猫缶(ヒルズ サイエンスダイエットa/d)に元気に喰らいつく。
    「食えれば大丈夫!」とのことで、猫風邪を引いているので栄養のあるものを食べさせるよう指示。
    歯の生えそろい具合から、1ヵ月半くらいじゃないかとのこと。
    フロントラインの効果を考えてフロは3日後にとのアドバイス。
    1週間後に再診予定。

    ・処方・・・目薬2種 眼軟膏1本 消化剤1ヵ月分 上記で食べさせてもらった缶詰の残り
    ※母乳を飲んでいない可能性があるので、免疫力向上のため
     質のいいミルクを食事に混ぜるよう指導あり

    帰りにそのままペットグッズ豊富なホームセンター閉店直前に駆け込み
    ペットケージ・猫ミルク(エスビラックパウダー)・猫トイレ砂購入。
    サイエンスダイエットのキトン用缶が無いので、ウエット缶詰は明日以降に探しに行くことにする。
    とりあえずのハラしのぎにヒルズ サイエンスダイエット キトン(ドライフード)購入。ふやかして与える予定。
    別の100均にて食器(浅くて重みのある安定感のあるもの)・食器用トレイ・トイレ用食器カゴ購入。
    帰宅後ケージをしつらえ、家にあった100均の布製の箱の一辺を凹にカットし紙テープで補強。
    爪のかからないようなタオルとバスタオルを敷いて猫ベッドに仕立て、お湯入りペットボトルあんかを入れる。
    トイレは教えるまでもなくしつらえた食器カゴであっさり成功。その後失敗なし。楽。
    息子がゲーセンで取った小さいガチャピン(シール接着の目は先にぶっちぎる)と
    おそろしい顔をしたハバネロ型のキューピーのぬいぐるみをおもちゃに提供。
    毛にへばりついたノミフンを人間用まゆげコームで除去。こまかいの以外はどうにか除去終了。


    10月18日
    別のホームセンターにて猫缶(ヒルズ サイエンスダイエット キトン レバー&チキン)購入。
    猫メシはふやかしたカリカリ5粒、猫缶にとかしたミルクを混ぜた離乳食。食いつきヨシ。
    本当は19日の予定だが、休日の関係でこの日の夜にフロ。
    シャンプードレッサーでアレルギーの子用低刺激猫シャンプー泡地獄。ショボい猫になる。
    ノミフンは頑強で全部の除去しきれず。
    ここらあたりから目薬と眼軟膏に対して何か諦めがついたらしく、目薬を見せるとちゃんと寄って来る。
    抵抗もほとんどしなくなる。こちらのテクの向上のせいもありそうだが。
    ハバネロとガチャピンが猛烈に気に入り、よく遊ぶ。


    10月22日
    再診。もりもり太っていたせいで「食わせすぎ」と指摘。570g。
    しまったそういえばフードのカロリー計算にミルクを換算すんの忘れてた(バカ)
    目もよくなり「健康優良児になりつつある」と嬉しいお言葉。
    ンチの切れがいまいちで、よくお尻からンチ半分出してるので引っ張って取ってると言ったら
    カリカリが原因っぽいので与えず、ウエットのみの食事にするよう指導。
    次週はワクチン接種の予定。

    ・処方・・・虫下し(錠剤1/2サイズ)

    しかし薬デカイ。半分つってもデカイ。バファリンサイズか。
    しかも飲ませ方の指導は「のどの奥に入れてね」だけで終わったのはなぜなんですか病院。
    いいけど。→ガッと口開けてノドの奥に落とし口掴んでゴックン。鼻ペロンしたら飲んだ証拠。

    ・たぬこの様子・・・弾丸。噛み癖ひどめ。噛み返して反撃しつつしつけ続行。ノミフン除去ほぼ終了。


    10月29日
    再々診。700g。多分ここらへんで生後2ヶ月であろうとのこと。
    検便、血液検査ともに異常なし。ワクチン接種。
    次回は3週間後に追加接種。

    ・処方・・・予防接種(猫汎白血球減少症・猫カリシウイルス・猫鼻気管支炎3種)

    食事はウエットに消化剤をふりかけたもののみに移行。ンチ健康。
    ※水をあまり飲まないのでウエットフードをスープ状にのばしている

    *日々の生活の注意点
     ・留守番時間が長いのでライブカメラを設置し、食事とトイレの様子を監視。
     ・帰宅後徹底清掃(床に近い位置の猫のためと人間のアレルギー対策)
     ・ケージの掃除と消毒(食器を乗せるトレイや猫トイレもまめに消毒)
     ・人間の帰宅後の手洗いうがい消毒の励行(ワクチンまだのうちは人間がウイルス持ち込む事も)
     ・行動範囲はLDKのみ限定。まだ小さいのでスキマに入られると怖い。
     ・危険な配線は全てスパイラルチューブでカバー。危なそうなタコ足配線部は箱かぶせてガード。
     ・人間の食べ物に興味を持たないよう厳しく管理。
     ・かまいすぎず、よく主張を聞いてやり、かつ言いなりにならぬよう一家でしつけ方針を一本化。
     ・稼ぎ手でありメシやり婆である母に対し人も猫もまとめて扶養家族どもは絶対服従。

    ・たぬこの様子・・・噛み癖だいぶ軽減。
    目薬と眼軟膏に対してなにを諦めたのか、目薬見せて呼べばホイホイ来るわ
    保定すればゴロゴロ言い出し、点眼後はそのままシアワセそうに寝てしまう始末。しみるだろうに。

    ※猫エイズと猫白血病の検査は次回追加接種時に実施予定。
    29日にと言われたが今やったって母猫免疫が残ってて結果が怪しくなるし
    結果がどうあれ飼うんだからいつやったって同じだ。
    病気持ってるのが分かったからって家族捨てるバカいねぇ。


    余生をコイツと過ごす覚悟はもうできてる。さあかかってこい20年以上のぬこライフ!

    Comments

    name
    comment
    理亞 : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.30 Thu 16:35

    カテゴリにたぬこが増えた時点で親馬鹿炸裂でつね!!!!w
    (*・ω・*)ノ たぬこ叔母馬鹿デース <何

    オスだけにやんちゃっ子ですかねぇ~。
    今後の成長が楽しみですねぇ~♪にぇへへ♪

    つかちゃん : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.30 Thu 19:03

    >さあかかってこい20年以上のぬこライフ!

    ハギワラ家に助けられたたぬこちゃんは、本当に幸せですね。

    ところで、素朴な疑問が1つ。
    本名も「たぬこ」ちゃんなのでしょうか・・・?

    あん : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.30 Thu 19:44

    うちのは半年ごとに3種混合ワクチンと外にも出さんのにノミ対策のプログラムも注射しとりま。現在11.5歳なり

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.30 Thu 22:23

    >理亞
    あ、気付いちゃった?w
    このままではねこブログになりそうなので一応あとあと分類がラクなようにと・・・。
    叔母バカ今後とも観察よろしくw

    >つかちゃん
    いやーやっぱ考えるときある。留守番ばっかだし基本家に人いないし、もっといい家に里子に出したほうが良かったんだろうなーと。でも拾ったのがウチなので諦めろと言い聞かせたw

    えー、本名はある。あるんだがちと待ってくれ。11月中旬くらいまで待ってくれ!w

    >あん
    クロタロけっこうなお年!あやからねば!
    ノミ対策は初回のみスプレーで、あとはフロントラインを定期的にらしいよ。

    あん : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.30 Thu 22:50

    ま、ノミ注射は高いからねぇ・・・ラクチン&安心感強しでやってるけど。
    あ、うちも日中ほとんど居ないから大丈夫だw

    西馬紗由良 : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.31 Fri 07:34

     たぬこよ 目指せ猫又じゃ!!(コラマテ)

     それにしてもたぬこは賢い子に育ちそうな予感。
    目薬見せても逃げないどころか寄ってくるのが素晴らしい。
    まおちたちに拾われて、ほんとに良かったねたぬこや・・・。

    「病気だからって家族捨てるバカはいねぇ」に涙出そうになったよ。
    そうだね、もう大事な大事な家族だもの。
    良い家族が出来て、良かったねたぬこ。
    私も、そろそろ基さんを日本に連れて帰るための算段を整えないとなぁ・・・

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.31 Fri 07:38

    ほんと、生き物を家族に迎えるのって大変なことなんですよね。
    自分がいざ、ぬこを見つけたときこれだけのことをやってあげられるだろうか?ちゃんとしてあげられるだろうか?と思うと自信がなくなります。
    でもこの覚書をちゃっかりメモしたよ!きたるべきぬことの遭遇に備えて!

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.10.31 Fri 23:49

    >あん
    すこやかなクロタロのよう育つのがたぬこの目標ですw
    ノミ注射きいたことないので今後調べてみやすー。

    >さゆら
    猫又ってなんとなくメスなイメージw
    たぬこは賢いわけではなく猛烈にお脳みそが小さいんじゃないかと思うの!
    単に数秒前のこと覚えてない気がするの!w
    検疫とかすげえ大変らしいね。某ブログで犬さんの渡航レポ読んで「よく頑張ったー!」と思わず涙がこぼれたものだ。
    基さんもさゆらもがんばれー!

    >きゃうー
    扶養家族がひとり増えたようなもんだしなw
    ちゃんとはしてないと思う。ほんっと留守番長いし。
    しかし人がいようがいまいが昼間は寝っぱなしだから別にええかとも思うw
    猫神様は連鎖反応するので、おそらく早晩ぬことの出会いがあるであろう(予言)

    あん : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.11.01 Sat 01:26

    これだべ~
    http://www.i-nomi.jp/products/jp/program_injectable_suspension_for_cats.shtml

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2008.11.04 Tue 01:21

    >あん
    ありがとー。
    二回目の予防接種行った時に相談してみるー。

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。