まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > テスト前夜

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.03.03 Tue テスト前夜

    娘が明日からテストだそうで
    プリントに緑のペンでライン引いて赤いシート乗せて重要語句を隠して読み上げるという
    実に古典的な勉強法を実践しています。
    おかげでリビングで延々と呪文を唱えているような状態となり
    延々とブツブツブツブツどっかで聞いたことのある懐かしい語句がとうとうと流れております。
    聞きたくはないけれどPC前に座っていたらイヤでも耳に入る内容によると
    さっきまでは英語でしたが次は美術のようです。

    「ゴシック美術」

    ほうほう。

    「絵を描くのが修道士らではなく、専門の画家が生まれてくる。協会の塔はどんどん高くなり、教会の内部に光を入れようと、たくさん作られた窓にはステンドグラスがはめこまれた。」

    へー。ほんで次はなんだ。

    「ルネッサーンス」

    普通に読め普通に。髭男爵やないかーい。

    「暗い中世はもうおしまいだ。人間性の回復の時代だ。人々は自分たちの価値、自然の美しさなど現実生活の価値を再認識しようとする。かつてのギリシャ、ローマの素晴らしさを再生しようとする。絵画は画期的な発見や発明によって、飛躍的な発展を遂げ、合理的、科学的な法則で画面が構成される。」

    ほうほう。
    そんで次は絵画の写真を見て画家名と絵画のタイトルを言っていくらしいです。

    「レオナルド・ダ・ヴィンチ モナリザ」

    王道ですね。

    「ラファエロ 大公の聖母」

    あったね、そんなんも。


    「ミケランジェロ 担架持ってきてー」


    そらピエタじゃ!


    勉強中に平坦にそういうことを言い出す娘と
    見るまでもなく何を指してそのようなボケを言い出したのか理解する母
    DNAって恐ろしいですね。


    *脈絡なく本日の癒し*


    母のおひざでとぐろを巻きつつ頭を手に乗せて甘えております。
    「うふふカワイイうふふふふふ」と呟き続けるオノレの手の施しようのない末期っぷりがもう。

    Comments

    name
    comment
    理亞 : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.03.03 Tue 17:19

    >ルネッサーンス
    まさにあの声で再生されました。恐るべし男爵w

    そういえば私も母の「あー、あれねー?」が「あー、コレねー?」でわかるようになりました。DNAって恐ろしいw

    あ、ママー、じゃがいもとサツマイモどっちがいいー?

    dekao : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.03.04 Wed 10:47

    仕事中
     脳内再生
      ルネッサ~ンス(dekao詠む)

    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.03.04 Wed 13:48

    担架持ってきてー>コーヒー噴いた

    ものを覚えるコツって、そういう発想が大事だってこと、思い出しました。
    ああきっともう忘れられない、担架持ってきてーの絵。

    ところで豆山様、おニューの首輪ですか?豆柄のも最高にかわいかったですけど、赤もよくお似合い~~~♪

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.03.05 Thu 23:16

    >理亞
    我が家は娘とツッコミポイントとタイミングとセリフが完全にかぶることが多いです。
    息子とはかぶりません。男女差?w
    イモはそら両方に決まってます!!!w

    >dekao
    働けっちゅう話やないか~い☆

    >きゃうー
    ディスプレイとキーボードの無事を切に祈りつつ。
    元ネタはマンガ「ラディカルホスピタル」です。
    豆山首輪は豆柄のと同時に買った柔らかいものです。
    最近首が若干ハゲてきたので柔らかいほうで増毛祈願を。
    あ、携帯のへっぽこカメラなので分かりにくいですがオレンジチェックでしたw

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。