まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > ハトさんへのお返事

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.06.27 Sat ハトさんへのお返事

    前の記事にコメントをいただいてお返事を書いていたら
    どえらい長くなったので
    こらもう記事にしたほうが早いと思いましてこちらに。

    ***

    >ハト
    はじめまして。
    こちらの記事(2007年9月10日「未練とはちょっと違う恋の話」)についてのコメントありがとうございました。
    この記事に書いた人に対しての私ときたら
    相当ワガママで、それはそれはずいぶん困らせていたアホ女なので、もうハトさんのお話が痛い痛い痛いッ!
    正直スマンカッタ!と猛烈な勢いの立位体前屈のようにヒザに頭激突するほど
    頭下げて詫びにゃいかんくらいです。あんときゃマジすまんかった!w

    ハトさんのその彼女さん、今は全部忘れて幸せにしているかもしれないし、
    あんまり幸せじゃないかもしれないし、思いを馳せては色々想像するしかありませんが、
    こんなふうにひとりバカな大反省祭りを開催しているかもしれないと考えたら少し笑えたりしませんか?w
    知るすべがないならきっとそうなんだと断定しちゃっていいんじゃないでしょうか。
    んで「あいつ相変わらずおバカさんだなあ」とちょっと笑ってやれば。

    好きな人が出来て別れたことはそりゃあ仕方ないと私は思います。
    すんごい好きなのに一緒に居るとやたら疲れる相手って居ますし。あ、やばいソレ私だ!w
    人生取捨選択の繰り返しですからねー。選ばなかった道の先がどうなのかは分からんけど、
    そっちが妙に気になるときもありましょう。
    でもそれをいくら考えてももう戻って選び直すことはできない以上、
    今ある幸せを全力で守ってもらいたいと私は思うんです。
    そう思えるまではもちろん少し、もしくはすごく時間がかかりましょうが。

    「幸せでいてくれなきゃ悲しいです。
    出会った事、重ねた思い出ぜんぶがヤなもんになっちまうのはイヤです。」

    とハトさんの大切な方も思ってるんです。
    調べんけりゃわかんねんだからそう思い込んでも誰も迷惑かかんねえし思ったもん勝ちだ!w

    本当に人を好きになるってこと、どれがそうなのか私も知らんです。知りたくもないです。
    んなもなあ単なる上っ面の言葉で、言ったもん勝ちな気がします。何度だって言えるし。
    答えは死ぬとき、もうこれで終わりってときに「ああ、あれだったんだ」と分かるのかもしれませんし
    答えなんか出なくてもいいかもしれません。
    出会えて幸せな時間を共有できて、ずっとずっと大切に思える人が居るという事実だけで充分かも。


    以前にも紹介したことがある、私が大好きなつっこさんの最後の曲の一節。

    「こぼれ落ちた光の粒は この手で拾い上げて
    ずっと先まで 朽ちゆく先まで ちゃんと飾っていてあげる
    Howling 上手く騙せない日は あたしと吠えていこう
    君の失くした未来を組み立てるよ ひとりでも

    あたしに足りない器は 君の中に預けてある
    独りきりで哀しむなら あたしを消してからにして

    Howling あたしの無惨な穴へ
    君の光が射し込み続けて 正しい呼吸をしていれる
    You know? My soul, there's only to howling with you
    君が忘れるなら
    あたしの手口を叩き込んであげるよ 何度でも」

    こういう感じで昇華してゆけばいいんでないでしょうか。ゆっくりと。
    あ、つっこさんだとちと女子的昇華方法なので
    男子的にはRADWIMPSの「有心論」方式がいいかもしれません。
    納得する方法論としては似たようなもんなので、よかったら一度どうぞw

    ***

    女のほうがこういうしんどい思い出を美しく脚色するずるさに長けているのかもしれないと思います。
    周辺の男性も相当引きずってつらいと言ってましたし。まあ全員が全員じゃないですよ当たり前ですが。
    こういう痛みは鈍く延々と残って
    ふとしたきっかけで化膿する傷になることもあるので、気楽に「忘れっちゃえよー」と笑い飛ばせないです。
    ゆっくりゆっくり時間をかけて、今手元にある幸せに目を向けられるようになるまで、あせらずに。
    いつか必ず大丈夫になるときが来ます。
    それは忘れることではなく、ちゃんと大切なものは大切に抱えたままで。そういう日が必ず来ます。
    ハギワラさんウソつきませんから!ホラは吹くけど!←ダメじゃん。

    Comments

    name
    comment
    きゃうー : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.27 Sat 09:23

    そういえば今日は私が初めて好きになった人の誕生日だなあ・・
    5年もお付き合いして、他に好きな人ができたといわれてお別れしました。彼を吹っ切るのに3年費やしました。本当に苦しみましたよ~。
    あれから長い年月が経ちました。先日、赤ん坊を愛しそうに抱いた彼とバッタリ遭遇しました。とてもうれしかったです。彼が幸せでいてくれて。
    真剣なお付き合いだった人だから、幸せでいてくれたほうがうれしいです。女ってそんな生き物だと思います。

    理亞 : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.27 Sat 09:52

    人が二人居れば愛し合うこともできれば、戦争もできる。
    相手を理解するってとても難しいなぁと最近思います。結婚して早4年、未だに旦那がよくわかりませんw

    旦那に至るまでの思い出はそっと引き出しにしまい込んで、たまにのぞき込んでは黒歴史を見るがごとく、ごろごろ悶絶するのが良いのです。
    すべて目の前に並べ立てて、いちからじゅうまで反省する必要もないのです。周りから見たらどんなに間違った選択でも、当時の私は自分なりに考えて判断した結果だから、反省することはあっても後悔はしないよう努力しております。だって、後悔したら当時の自分に申し訳がたたないもの!w

    思いを馳せることは良いことだけど、思い悩みすぎずに今目の前にいる自分を愛してやるのが一番だと思います。
    ああナルシスト論w
    こんな私に愛されてる旦那は…私以上のナルシストです…(・ω・`)

    dekao : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.29 Mon 10:56

    あー、結局告白出来なかった想い
    10年以上、引きずったなぁ。
    んで、30を越えたあたりから楽になってきた。
    「相手、流石に結婚しとるだろう」って(笑)
    残酷かも知れんけど、別れた時点で『相手の人生は、相手持ち』
    だから、思い出を酒と一緒に転がすしかないなぁ。
    苦いけど、楽しめるようになる。そのうちに。

    ハト : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.29 Mon 23:01

    >hagiwaramaoさん
    ご返信ありがとうございます。本当に突然すみません(汗)紹介していただいた歌詞は何という方の歌でしょうか?
    「こぼれ落ちた光の粒は この手で拾い上げて
    ずっと先まで 朽ちゆく先まで ちゃんと飾っていてあげる」
    とても奇麗な言葉ですね。歌を聴いてみたくなりました。もう別れて一年経つのにいまだに昨日のことのようにいろいろと思い出されます。

    ハト : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.29 Mon 23:02

    「幸せでいてくれなきゃ悲しいです。
    出会った事、重ねた思い出ぜんぶがヤなもんになっちまうのはイヤです。」
    私も彼女との思い出がとても大切です。初めてこんなに楽しい経験をさせていただきました。きっと一生忘れることはないとおもいます。今はまだ思い出にしきれていないのかもしれません。
    ハギワラさんの日記を読んだとき、自分の孤独な気持ちが少し和らぎました。誰にも言えないでずっと一人だと思っていました。今までの思い出がとても大切なもののはずなのに思い出すたびに辛くて悲しくて、忘れようとしても忘れられませんでした。でも日記を読んでいつか私もこの思い出を大切にできるようになるのかもしれない、そんな希望を与えてくれました。
    昔は経験を積んだ人間って素敵だなと思いましたが(今も思いますが)こんなにつらい思いをするなら何も知りたくないなんて子供みたいなことを考えています(笑)
    でも話を聞いていただいて少し楽になりました。本当に突然すみませんでした。またちょくちょくお邪魔させていただいてもよろしいでしょうか?
    私もブログを初めて自分の考えや出来事を書いてみようかなと考えております。その時は紹介させてください。

    はと : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.29 Mon 23:14

    >きゃうーさん
    真剣なお付き合いだった人だから、幸せでいてくれたほうがうれしいです。女ってそんな生き物だと思います。
    そうですね、私もおとこですが、彼女が幸せていてくれたらうれしいです。あれから毎晩彼女が幸せであるよう祈ってます(汗)ちょっと変な人と思われちゃいますが(笑)次に会うときは笑って話したいです。
    ふっ切るのに3年かかのですね。1年の私にとっては大先輩です。
    こんな私の話題にコメントいただきありがとうございます。

    ハト : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.29 Mon 23:24

    >理亞さん
    そうですね、あれだけ好きだったのに今ではそれでこんなにも傷つくなんて(相手にしてみたら傷つけられたのはこっちだって感じですよね)愛は傷つけることもできるんですね。
    自分なりに考えて判断した結果だから、反省することはあっても後悔はしないよう努力しております。
    そうですね、私も自分で決めたことです。きっと違う道を選択していても答えは同じだったのかもしれません。本当はお互いがこんなことも笑って話せるようになればいいのですが、なかなか思うようにはいきませんね。でもおっしゃる通り自分で決めたことだからそう思う自分もいたのは確かです。私自身が自分ともっと向き合う必要があるんですね。自分のことなのに全然わかっていないです。こうやって掘り下げていくことが大人になっていくことなのでしょうか。
    コメンありがとございます。

    ハト : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.29 Mon 23:33

    >decaoさん
    おっしゃるとおり今とても苦しいです。でもいつか思い出をお酒と一緒に転がして飲めるようになる日が来てほしいです。今回、みなさんのお話を聞いていて、皆さんいろいろと経験されてきたんだなと感じました。だれもが一度はこのような経験をされるのでしょうか。こんな思いをするのなら思い出はつらいだけだと思ってしまいますが、過去のことを話されているみなさんはとても大きく優しく感じます。人を傷つけるのが人なら癒すのも人なのでしょうか。痛みを知っているから優しくできるのでしょうか。いつか私も人に優しくなれるようになりたいです。
    コメントありがとうございました。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.30 Tue 01:38

    >きゃうー
    誕生日覚えててえらいねえ!←自分の誕生日すら忘れるバカ。
    思い出してしんどくなくなるまで何年だったかのぅ・・・2年くらい?もっとか?
    まあ別れてすぐんときゃ「思い出して苦しめばいいのよホーホホホ!」とか思わなくもない、つか思ってた。女なんてそんなものさw

    >理亞
    このラブラブナイスカポーが!w
    ええのぅええのぅ幸せそうでええのぅ。夫婦ってええのぅ。
    とはいえ独り身となり早○年(←忘れた、素で)、幸せじゃないのかと問われたらそらあもう、誰がどう見てもハギワラさんお気楽極楽で生きてましてw
    お付き合いも何年も重ねたし、結婚生活も15年くらい送ったし、独り身の暮らしもえーと何年だっけかね(思い出せそうにない)ですけども、その立場ごとにそれぞれラクさも辛さもあり、どれが一番と正直すぐには決められませんのぅ。
    うーん、全部経験してきて今が一番ラクかなやっぱw

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.30 Tue 01:40

    >dekao
    分かったよ!酒とツマミと一緒に思い出をおいしくいただくから
    中年になったら太るんだね!!!大発見メタボのひみつ!
    メタボの肉には思い出がいっぱいつまってるんだ!

    とでも思わないと酒も飲まんのに背脂毎日増殖中のこの肉っぷりが納得いかねえ。
    あ、でもさすがにここしばらくのハードなお仕事で猛烈デブ期の60kg突破は割り込みました。まあ一日食っちゃ寝したら平気で2kgくらい太るんだけどよ。

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2009.06.30 Tue 01:50

    >ハト
    おうたは天野月子さんのhowlingという曲です。つっこさんの曲はどれもオススメなので浸りたいときはいいですよー。
    トドメを刺したいときにはCoccoもいいですねえ。風花風葬なんて思わず死にたくなりますよー(鬼選曲)
    人間いっぺんやにへんくらい大切な人とうまくいかない経験つんでナンボです。でも当時はこれが次へのステップだなんて思えやしないくらいしんどいんですよね。実はいまだに次のステップとも思えず、あれはあれで止まってます。つか前の彼が次の彼へのステップとかそんな図々しく失礼なこと考えられもせずw
    どれもみな等しく大切でございましたとも、ええ。

    ところでこの話で盛り上がってる最中、まったくもって偶然に元彼と再会いたしましてですね!大笑いしましたとも!w
    私の相変わらずのバカっぷりを非常に喜んでいただけまして、けっこうヒドイ別れっぷりだったのであっちは気にしていたらしく「なんか安心したー」と言われました。
    それは何か、バカがさっぱり治ってないということか。
    ドひどく泣いたり罵ったりえらいみっともない別れ方したふたりも、数年経てばお互い出会った事を喜べるというのが今日実証されましてよ!!w

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。