まいにち

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日記 > たーいいーん

    --.--.-- -- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2006.09.27 Wed たーいいーん

    息子退院しました。
    いやー退院日を全然決めてなかったので
    息子に回診の時に「退院いつでしょうか?」と聞いてもらいましたところ
    「いつでもいいよ」と言われたらしいので
    「ほんなら今から退院してもいいっすか?」と試しに聞いてみた夕刻。←普通なら絶対無理な時間帯。
    ちびっこなので早くおうちに帰りたいだろうと気を遣っていただいたのか
    バタバタと退院していいことになり
    そのまま荷物抱えて帰宅とあいなりました。
    特に松葉杖なども使わなくてよいそうです。傷が太ももなので歩いても平気だそうな。
    さすがに最初は歩くのがおっかなびっくりだった息子ですが
    そのうち慣れて
    病室に持ち込んでたポータブル冷蔵庫をカラコロ引っ張り(※持ち手とキャスターがついてます)
    DSやら攻略本やら入った重たいショルダーバッグをナナメにぶら下げ
    「ありがとうございましたー」とスタスタ歩いていく始末でした。
    ほんとコヤツは状況に慣れるのが早い早い。どこでも生きていけそうだ。ヒヨワだけど。

    ほんで帰って息子に荷解きさせて(片付けてやる気は毛頭無い。おまへの荷物だ自分で片付けろ。)
    明日からもう学校にも行っていいそうなので
    ほんじゃお見舞いに来てくれた子らとクラスの子らへ快気祝いを贈らねばならんなあと
    まず担任の先生にお電話して学校に快気祝い持たせていいか尋ね
    クラスの子とお見舞いに来てくれた子との品物は違うものにしたいがそれでよいか尋ね
    「いいんじゃないでしょうか」と許可が出たのでお買い物に出かけました。

    息子と「なんにしよかー」と悩みつつ
    とりあえずクラスの子らにはえんぴつ2本セットで男子と女子でキャラ違うのにして
    お見舞いに来てくれた子にはメモ帳とえんぴつと消しゴムのセットにすることにしました。
    女の子らはキャラものでいいので私の趣味で選べますが
    男の子らは何がよいやら全く不明。
    途中息子が「ハンカチとかでもいいんじゃない?」と言ってたのですが
    ハンカチでもいいんだけどほんとは快気祝いは消えてなくなるもんがいいのよー
    病気を繰り返さないって意味でね
    だから大人だと石鹸とか洗剤とかお菓子とかになるんだなーと教えておきました。
    ちなみにのしをつける際には
    全快していたら「快気祝い」でいいのですが
    まだ通院が必要とかの場合は「快気内祝い」になりますです。水引はどちらも結びっ切りで。
    まおおばちゃんのマメ知識でした。年寄りだからね。こゆことに詳しいのね。あはは。
    ちなみに息子が「これがいい」と握ってたタオルハンカチ
    戻そうとしたら「あ・・・これ自分が欲しい・・・」と握り締めてました。
    おまいはホント赤いTシャツ着せてもオレンジのTシャツ着せても
    ヘタするとピンクのバッグ持たせても「キニシナイ」と抜かす男女の境目が薄い奴だが
    キャラモノもすげー好きだったりするよな。

    ※息子が欲しがったタオルハンカチ↓


    コレの上のやつ。うん、すげぇ握り締めてた。ああもうええから買え。

    えんぴつダースで購入してメモ帳やら消しゴムやらも人数分購入して
    レジで「すいません・・・人数分の小袋ってもらってもいいですか・・・?」とおずおず尋ね
    快く30枚の小袋を渡していただき
    「しまったー!男女別に判別できるようなシールも買わなきゃだったー!」と叫んだら
    赤いリボン型のシールと金色のリボン型のシールも人数分分けてくれました。
    ありがとう!ありがとうデサ○デポ!
    足引きずった息子連れて万札ぶっとぶ買い物してる私を哀れに思ってくださいましたか!ありがとう!

    家に帰り退院して初の家メシが昨日の食い残しのシチューというショボいメシを喰らい
    快気祝いの品物の仕分けと袋詰めです。
    ダースをバラかして色違いに2本組みにしてチマチマチマチマ詰めてテープ貼ってシール貼って
    お見舞いに来てくれた子の分には分かるように名前書いて貼り付けて
    男子用と女子用に分けて袋詰めして大きいバッグに入れておしまいです。
    でも息子やこの大きいバッグおもっくそ女子ぶてっくのショップ袋なんだけど。赤いけど。
    「キニシナイ」ああそうですかあんたそんなやつ。

    更にオオゴトになってたので一筆つけねばなるまいとPC起動し
    ケガにまつわる大騒ぎのお詫びと退院のお知らせとお礼の文面をしたため
    入院中の息子のアホ写メなぞを加工して
    PCでプリントアウトして人数分のお手紙を作成し
    ちまちまと折りたたんで封筒に入れて輪ゴムでとめて快気祝い袋の中に突っ込みました。
    こういうときPC使えるとラクよね。

    おめー母がちまちま働いてんのに何N'sあおい貪り観てやがんだコラ。
    (※息子はこのドラマのおかげでコブクロ「桜」が持ち歌になりました)

    ドラマも終わって夜も更けて
    そろそろ今日の最後のイベントの時間です。
    そう、やります、かまします、かれこれ1週間ぶりに

    息 子 丸 洗 い 。←病院で許可出ましたので。傷も洗ってよいそうです。

    めんどくせえのでお前洗濯機に入ってくれないかと頼んだのですが
    頑強に拒否られましたので
    手洗いしてやることにしました。ちっ、きさまはデリケート衣類か。エマールじゃだめか。
    「しみないかなお湯しみないかな石鹸しみないかな」とドギマギしている息子をよそに
    固定のテープをひんむき包帯をひんむきフロ場で熱い湯ざっぱん。
    母は容赦という言葉を知りません。私の口癖は「大丈夫わたし痛くないから」です。
    というか自分がさんざんハラやら頭やら手やら縫いちらかしてるので
    経験上フロは痛くない事を知ってるのでガタガタびびってるのがウザかったの☆
    ざっぽざぽお湯ぶっかけて頭を二度洗いして
    体をがしごしコットンタオルでこすり倒し
    「傷も!?傷もガシガシするの!?」と怯える息子に
    「やっていいならヤル」と聞いたら
    「お願いだからせめて手洗いにしてください」と懇願されたので
    手に泡つけてなでこなでこしておきました。ああ手のひらにサワサワ当たる縫い目がキショい。
    特に痛くなかったそうです。だから痛くないって言ったじゃないか。

    そんで息子を洗い終わってさて自分を洗おうと思った時気付きました。
    「ねえ・・・誰がコレ消毒すんの・・・?」
    そういえばそうだった。一緒に入ったらどう考えても私のほうが上がるの遅い。
    となると誰も消毒する人がいやしない。

    しゃあないので一旦上がってタオルまきつけて
    私はタオル巻いただけの半裸、息子は傷むきだし状態じゃ恐ろしくてぱんつが履けないので
    ちんこ丸出しくんで消毒することにしました。寒い。お互い。
    綿棒を病院から処方された消毒液にぬぷんと突っ込み(突っ込んでいいって聞いたらいいって言われた)
    綿棒でちまちまちまちまと傷口を消毒。
    まだるっこしいんですけど。ぶっかけちゃだめですか。
    綿棒じゃイマイチ消毒した気にならんので明日綿球買ってきます。
    ほんで処方された軟膏をにるりと傷口に乗せてガーゼのっけて固定して包帯巻いて終了です。
    さあ、ちんこをしまいたまえ。

    ちなみに私ケガの処置は病院で驚かれるほどウマイですのでご心配なく。
    元夫が5針縫うケガしたときも病院に行く前に私が処置したのですが
    「どこかの病院に行かれてからこちらに来院されたんですか?この処置はどちらで?」
    と聞かれたくらいです。いかに私がケガの多い人生を歩んでるかということです。慣れすぎ。

    娘は息子の傷を「うおー縫ってるねぇ」とまじまじと見てました。
    目で見て分かる縫い目は約15針なのでわりかし気持ち悪い傷なのですが
    平然と観察しておりました。多分うちはそういうのに耐性のあるDNAなのでしょう。

    そんなこんなで明日から息子は登校いたします。
    ちょっと熱っぽいのが続いてるので昼休みに保健室での検温を言い渡しておきました。
    微熱が出たら即帰宅です。送迎もせねばならんので私は1日待機です。
    動き回って熱が出なければ万事OKということで。
    あと明後日はまた通院日なので学校は遅刻することになります。
    なかなか日常生活には戻れませんがこれもまた楽しい経験ということで。

    そんなこんなでご心配おかけしましたが無事退院いたしました。
    お見舞い、励ましのお言葉ありがとうございました。

    お礼にと息子の縫い傷を写メろうと思いましたが踏み止まりました。いぇい私オトナー☆
    ↑撮ろうと思う時点で相当オトナじゃない。そもそもソレお礼として成立しない。イヤガラセだ。

    Comments

    name
    comment
    かおる : URL

    #79D/WHSg Edit  2006.09.27 Wed 05:26

    息子くん、退院おめでとう!!
    はしゃぎ過ぎて熱ださないようにね。
    密かに傷の写真、待ってたんです。
    自分がケガをすると必ず撮る私。まだまだ子供(笑)。

    西馬紗由良 : URL

    #79D/WHSg Edit  2006.09.27 Wed 08:26

     息子ちん退院おめでとーーーう(っ ゜×゜)っ
    松葉杖もいらないのか・・・良かったのぅ。
    それにしても状況適応能力が素晴らしいな(笑)
    そして息子ちんと私の趣味は似てるとみた<ハンドタオルのキャラものメモ帳持ってる
    しばらくは外であんまり遊んだり出来ないだろうけど、学校も行けることに
    なってよかったよかった。
    まおちも看病や快気祝いや色々とお疲れ様でした(っ ゜×゜)っ

    あん : URL

    #79D/WHSg Edit  2006.09.27 Wed 11:27

    傷見たかった(違)
    無事傷口塞がるといいのぉ

    みゃう : URL

    #79D/WHSg Edit  2006.09.27 Wed 19:33

    おぉ、久しぶりに来て見るとムスコくんが退院している!
    おめでとう♪
    傷跡が残らないといいねぇ。。。

    あ!残らないといいにるね!!

    誠司 : URL

    #79D/WHSg Edit  2006.09.27 Wed 22:53

    おめでとー
    思ったより退院するの早かったにる

    お大事にる

    hagiwaramao : URL

    #79D/WHSg Edit  2006.09.27 Wed 23:55

    >かおる
    あーりーがーとー♪
    傷もさーできるなら穴カパーのとき撮りたかったわぁ。←本気。

    >さゆら
    おつかれーぃ。さゆらは事故発生から退院までほぼリアルタイムだから
    さぞや心配かけたことでしょう。ありがとうなー。
    どうも息子は私と娘の影響で「微妙にアホでカワイイ」モノが好きです。
    ブタとかカエルとかタコとか。←モロ母の影響じゃねーか。

    >あんちゃん
    あんた見飽きてるっしょーがw
    L字の傷ですわよ。まだ縫ったとこより下のほうの擦過傷がじくじくしてる。
    明日通院日でーす。

    >みゃう
    傷跡はもーばりばり残ります!確定です!にるっ!w
    いーんでないのー?母も縫い傷だらけだしーおそろいさー♪

    >誠司
    あんがとーぅ。にる。
    もともと安静目的の入院だったから
    別に入院しなくてもよかったのですにる。
    ただどう考えても安静にできるわきゃねーよな自宅じゃ。
    私が担いでトイレに連れていっとったら腰が砕けて今度は母入院じゃw
    もーしばらく通院が続くけども息子は元気です。

    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。